シリコンバレー式 最強の育て方 ― 人材マネジメントの新しい常識 1 on1ミーティング―

著者 :
  • かんき出版
3.84
  • (10)
  • (14)
  • (10)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 177
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761272869

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 入社四年目になれば、自然と後輩のOJTを任される。そんなとき出会えた一冊。教えるというよりも、動いてもらうという事。たとえば「あなたは分かってないな」から「今考えてることを私に教えてくれないか?」に変える。アドバイスするのをぐっとこらえて考えを引き出していけば、相手の口から当事者意識を持った答えが返ってくる!

  • 1on1ミーティングの全体感と進め方。
    すぐに使えるシート付でした。

  • 1on1 の基本や取り組み方について書かれているけど,個人で成果を出すような職種が念頭に置かれたような書かれ方だった部分がちょっと気になった.人材コンサルティングをされているかただからある程度仕方がないが,結構型を決めたスタイルだなぁと感じた.


    「ヤフーの 1on1」のほうが個人的には好み.

  • わかりやすかった。

    具体的なアドバイスというより、不調がないか聞いてあげる、気づかせる、楽しい時間にするというのがとても大切なのだなと痛感した。

    心理的安全を担保し、モチベーションをあげる。
    きちんと承認する。

    掘り下げる質問をする。

    こちらもすぐ行動してあげる。

  • 1on1の本たくさんあるが1番具体的でよかった!
    GEは年に一回の人事評価から月に一回の能力開発に変化してるらしい。
    縦の1on1だけだなく、横の1on1もやるのはいいかもしれない。

  • 著者の指摘しているとおり、従来の面接、面談だけでは人材育成のための必要なコミュニケーションが取れないのではないかと思う。プレーイングマネージャーが求められ、従来、補完として機能していた飲み会でのコミュニケーションも若年層の飲み会離れがあり、おまけに会社行事や福利厚生施設もなくなる中でメンバーとの1on1のコミュニケーションは面談だけという中間管理職のマネージャーも多いのではないかと思う。このような状況の中でマネージャーとメンバーとのコミュニケーションの取り方の書としてこの本が提案していることはそれなりの意味があると考える。

  • シリコンバレー式という言葉が胡散臭いのか、キャッチャーなのか、感じ方は人それぞれか。中でもとくに強くシリコンバレーを感じることはない。しかし、新しい、そして、つよい会社では当たり前に行われているのであろう。なお、筆者自身もシリコンバレー指揮という枕言葉をつけることに少なからず抵抗を感じていることに序章で触れている。出版社の意向なのであろう。

    マネージャではないが、サブリーダークラスとして小さなチームを率いる人間として、感想を述べる。

    まずは人の部下としての私の感想である。
    一緒に働きやすいマネージャ、何も心に響かないマネージャと世の中にはいる。
    前者が少なくとも何をどうやっているか、この本を読む読むとその一端を観れるのではないか。そのため、いわゆる人が付いてくるマネージャが本書を読んでも得られるものは少ないと考える。体系立てて理解し直すという意味で価値はある。
    後者のマネージャはそもそも人間性に問題がある。それを乗り越えなければ、本書のメソッドを意味あるものとして実行することは不可能である。古い言葉かもしれないが、厳格な父親と優しい母親の心を両立せよというのが本書のメソッドの根源である。

    サブリーダーとしての自分としての感想を述べる。チームメンバーは他社の人間であるため、キャリアについてクチを出すのはお門違いも良いところである。そのため、他者理解とその上でのメンバーのモチベーションを上げる方法について注目して読んだ。
    近年、心理的安全性がチームの生産性を上げることは周知の事実と化している。心理的安全性を与えられるリーダーは何をしているのか、その一端を見ることができた。そして、他社の人間であるからといって、相手に何も興味を持たずに接している自分を恥じることとなった。
    また、立場が変わったら読み直そうと思う。

  • マーケティングの勝利である。
    「シリコンバレー式 最強の育て方という魅力的なキャッチ。1on1ミーティングという新しい言葉。月30分という実現性。シリコンバレーぽい表紙写真に至るまで、思わず読みたくなる仕掛けが満載だ。

    中身は個別面談のノウハウ本。個別面談を英訳して1on1ミーティングか。間違ったことは書かれてないが平素から面談している立場から見ると新たな発見は薄いというか、ない。あとシリコンバレーは関係ない。

    とはいえ、この表紙や帯の作り込みはすごい。文字通り手にとってマーケティングを堪能して欲しい。

  • 2017/11/19

  • タイトル通り、1on1を通じた部下の育成法。リーダーシップに関する本は多いが、明確に「面談」をターゲットにした本は多くない印象であるため、貴重な良書。フレームワークもわかりやすく、実践しやすい。

全15件中 1 - 10件を表示

シリコンバレー式 最強の育て方 ― 人材マネジメントの新しい常識 1 on1ミーティング―のその他の作品

世古詞一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フィル・ナイト
ベン・ホロウィッ...
ジェームス W....
佐々木 圭一
冨田 和成
リンダ グラット...
デール カーネギ...
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

シリコンバレー式 最強の育て方 ― 人材マネジメントの新しい常識 1 on1ミーティング―を本棚に登録しているひと

ツイートする