トップアスリートが実践 人生が変わる最高の呼吸法

制作 : 桜田 直美 
  • かんき出版
3.56
  • (1)
  • (4)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :35
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761272951

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 感想です。『トップアスリートが実践 人生が変わる最高の呼吸法』
    http://rimaroom.jugem.jp/?eid=2436

  • ・口呼吸から鼻呼吸に変える
     これに関してはいろいろなところで言われているので、周知の事実のようなさらっとした記載。もちろん呼吸に関して大事なことに変わりはなく、基本中の基本という感じ。

    ・呼吸の量を減らす
    ポイントは二酸化炭素。

    “血中の酸素飽和度は正常なのに、彼らは慢性的な疲労感に悩まされている。ここで問題なのは、血中の酸素が足りないことではない。血中の酸素が、きちんと筋肉や組織に放出されないことが問題なのだ。
    なぜ放出されないかというと、呼吸によって大量の二酸化炭素を体外に排出してしまうからだ。血中の酸素が体内にうまく放出されず、日々の生活での倦怠感や、運動時の息切れなどにつながることになる。”

    呼吸過多になると、酸素はたくさん取り入れられるが、その分酸素を筋肉や組織に届ける窓のような大切な役割を果たしている二酸化炭素がたくさん排出されてしまう。正しく呼吸することにより、体内の二酸化炭素も適正量になり、体の各部位が正しく機能するとのことで、それぞれの今の健康レベルに合った呼吸法が紹介されている。

    途中自分には当てはまらないな、興味ないなという部分があったり、似たような呼吸法が続いたので、そこはさらっと読み飛ばした。最後の方には瞑想の話なども出てきて、総じて参考になる内容だった。

  • 元々口呼吸ぎみだったので、口にテープを貼って鼻呼吸睡眠にしたところ、なんとなく目覚めがよくなった気がしました。

  • 図書館に入っていたので読んでみました。
    「鼻呼吸」と「呼吸をしすぎない」が主題かな。
    後者は今後少し意識してみようと思いました。

  • 呼吸に関する本も色々読んだけどどうしてもどれも似たような内容。

    でもこの本は久々に「当たり」という感触の本で非常に興味深い内容でとてもためになりました。

    なかでも呼吸を止めるということに関しては眼からウロコで今までの色々なピースがピタッとつながった感じがして大変興奮しました。

    非常に面白かったです。

全5件中 1 - 5件を表示

トップアスリートが実践 人生が変わる最高の呼吸法のその他の作品

パトリック・マキューンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
シーナ・アイエン...
佐々木 圭一
ベン・ホロウィッ...
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

トップアスリートが実践 人生が変わる最高の呼吸法はこんな本です

ツイートする