ぼくらの未来をつくる仕事

著者 :
  • かんき出版
4.08
  • (4)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 48
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761273088

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 意地悪な言い方すると、

    医師3年、マッキンゼー1年半しかないないのに、
    会社の共同代表を務めるというところに、キャリア形成の妙を見た。経歴に箔をつけるというのはとても重要だわ。

    日本に病院が多すぎる、診療科✖️地域の偏在。

  • まず、著者の経歴がとんでもない。学生時代より先見の明や自身の未来像を研究されていたのだろうと予想できる。この人生なら自分はどうなっていただろうかと勝手に妄想するレベルだった。

    現在の医療の事情と問題点や改善点を、提供する側(病院など)、提供される側(患者など)、それらを含めた国の政策の視点、それぞれに対して医者(提供者)とコンサル(第三者)の2職種の経験から分析されている。この両職種を経験している方は今までに拝見したことがないので、珍しさと凄さが相まって文章に惹き込まれるように読んだ。また、医師研修時代に留学経験もあるということで、諸外国との制度面や体制での比較を取り入れているのが新しい。

    特に衝撃的だった内容が、医療費の増加と国民保険の問題点だった。※内容は本作を参照されたい。

    読み終わって以下2点をやってみようと思う。
    ・予防という観点はなかったので、元気なときにこそ自分の身体を見つめ直す
    ・オンライン医療事典MEDLEYを検索してみる

  • とても力強い本だった。最後の章は、自分自身を省みながら、心がチクチクと痛んだ(謙虚じゃないわ、わたし、とか、いろいろ)。

  • 2018/2/5
    Strong first
    How can I help you?
    自分がやりたいこと
    自分がやるべきこと
    自分にしかやれないこと
    の3つの円
    心の火が燃える

全4件中 1 - 4件を表示

ぼくらの未来をつくる仕事のその他の作品

ぼくらの未来をつくる仕事 Kindle版 ぼくらの未来をつくる仕事 豊田剛一郎

豊田剛一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
トマ・ピケティ
リンダ グラット...
ジェームス W....
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする