働く大人のための「学び」の教科書

著者 :
  • かんき出版
3.53
  • (15)
  • (28)
  • (35)
  • (4)
  • (4)
本棚登録 : 495
レビュー : 44
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761273125

作品紹介・あらすじ

若手もミドルも、みんなが学び続ける時代。東京大学・中原淳先生が教える!僕たちに必要な本当の学び方。30代から40代の様々な職種の「学び賢人」を紹介!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 私の20代の学びが自分に閉じていたことに気付いた。職場の人間関係に疲れ、正直、休日は誰とも会いたくなかった。独りで過ごし、書店で本を何冊か購入し、カフェに行き、本をむさぼり読む。そして、1週間の出来事を日記に記し、内省する。その繰り返しだった。もっと越境して、学びの場に出ていけばよかった。社外の勉強会に参加したり、他部署の人と勉強会や対話の時間をもったりできればよかった。そうこうして40代になり、子育てと仕事を両立するようになり、土日も夜も社外の勉強会にはなかなか参加できない、という制約ができてしまった。それでも、これからは内にこもらずに、外に出ることも意識して学びの場に出ていきたい。

  •  会社に入ってしまえば、勉強をしようと思わなければ本当にやらなくて済んでしまう。
     そんな人たちが大半なのも知っている。
     しかし、学びを止めた瞬間から、現状の先端からは置いて行かれるだけでなく、次世代からも追い抜かれていくことになる。

     学ぶとは何か。
    ・背伸びの原理
    ・振り返りの原理
    ・つながりの原理
     の3つが必要と筆者は主張する。
     そのための7つの行動と、学びの成功者7人のケーススタディを紹介する。

     経験こそが学びというけれど、ただ漫然と生きているだけで成長できているとは思えない。

  • 仕事上での困難を乗り越えるために、とにかく何か学ばなければならないけど、何をどう学べば良いかわからない人にはヒントになると思う。
    特に、大人の学びのための3つの法則と、7つの行動は学びを進める上での指針になると感じた。
    ただし、学生までの学びに比べて、社会人の学びはその対象や目的など個々人による差が大きい。したがって、ここに書かれている指針には従ったとしても悩むことは多そうである。
    これは自分に合っているのだろうか、と適宜振り返り、“違和感”を感じたら方向を修正するという作業を繰り返すのが良さそうだ。
    個々人による差は大きいが、先達の学びの具体例も出しており、参考になる。正直なところ、紹介されている人たちのモチベーションの高さや意識の高さに少々圧倒されてしまい、自分とは違う世界の人たちだと思ってしまう面もある。そこをぐっと堪えて、自分もこれくらいやろう、という方向に自分を奮い立たせるツールにしたいと思う。

  • 本書を読み終えた後で、自分自身としての大人の学びを振り返たい。おそらく十数年からそれらしきことをやっていたと思う。背景には、漠然と長い仕事人生を完走するには、特段多きな変化が予定されていなくても、何か勉強したほうがよさそうだという気持ちがあった。こうした学習の成果は、結果的には最近のトランジションにかなり効いた。おそらく新しい職場で様々な新規事項を「学ぶ」だろう、という判断がなされたと推測する。そして強烈な「アンラーニング」の機会を得た。以上は全て後付けで実感したことだ。あとここ数年やっていることとして、フォーマルな場で活躍している先生にインフォーマルな形で指導を受けることがある。ある意味、楽器を習う際の師弟関係に似ているかもしれない。信頼できる師と出会えて、かつ学びが継続できる諸条件が満たされれば、この学びの方法はパワフルでかなり効果がある。

  • 何度でも、学びを手段に自分の人生を立て直し始められる本。中原先生らしく、やさしくて具体的。

  • 大人が学び続ける必要性について3つの法則と7つの行動わを提案。

    特にヴィゴツキーの最近接発達領域については、この地域の臨床研究においては、課題になりそう。
    繋がりの法則については部門内でも取り組むことが大事だけれど、他の病院とも繋がって効率を高めていくことが重要。

    また、今の臨床思考も明らかに経験に偏った介入が多い。
    それも大事だけれど本書の中のリベレーションのようにどこかで一度リセットしたり、最新の情報を追い続けて、不要と思うものは捨てる勇気が大事。
    そうして知識はアップデートしていく必要がある!

    臨床を次に活かすにも
    何があったのか?
    何が原因か?
    どのように活かすのか、より具体的に考えてみよう

  • 大人の学びは自立的に!主人公は自分。
    会社とベクトルを合わせることでキャリア形成に活かす。
    緊張屋さんと安心屋さんの2人と付き合おう。

  • 100年時代に向かう今は「学ぶ」ことをやめた人は取り残されていく。

    ではそもそも「学ぶ」とはどういうことなのか。

    色々な人の学び方の紹介とともにうまくいかなかった学びについても書かれているのが良いですね。

  • 知識が少ないと、自分の持っている知識に縋って変化できないってのは仕事だけに関わらず言えることだなぁ。と思った。

    個人的には、「本を読むべきだ」とか、「学び」「成長」みたいな単語は、万人に当てはまる話では無く一部の賢い人だけの話だと思っているので、後半の体験談は「生存者バイアスじゃろがい」という感想も相まって、完全に食傷気味になってしまった。

  • 非常に分かりやすく実用的な本です。30〜40代のこれからのキャリアに悩む人にはうってつけの内容だと思います。
    実例がたくさん載っているのもいいです。

全44件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

立教大学経営学部教授

「2020年 『サーベイフィードバック入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中原淳の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
瀧本 哲史
有効な右矢印 無効な右矢印

働く大人のための「学び」の教科書を本棚に登録しているひと

ツイートする
×