お金の教育がすべて。 7歳から投資マインドが身につく本

  • かんき出版
4.16
  • (10)
  • (2)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 135
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761274191

作品紹介・あらすじ

所得格差から子どもを守る、唯一の方法がわかります!
本書は、日本の家庭や学校ではあまり語られてこなかった、「お金の教育」に正面から取り組みました。
「学校の成績よりも、ファイナンシャルリテラシー(お金に関する幅広い知識)のほうが大事」という問題意識のもと、「お金の信念」の持ち方、「お金の仕組み」「お金の歴史」の正しい捉え方について、親子で一緒に学べるわかりやすさで解説していきます。
子どもの年代別に分けて、家庭でのお金の教え方についても説く、画期的な本です。
著者のミアン・サミ氏はパキスタン人を両親に持つ、東京・品川生まれの個人投資家。幼少期より父親の深い愛を受け、お金のことについて学び、金融マンとして成功をおさめました。現在は、不動産投資などを中心に10億円を超える個人資産を築く傍らで、4人の子どもたちにお金の教育を実践しています。
本書には、誰よりも日本を愛する著者の、熱いメッセージが込められています。
もし、これからご紹介する5つの質問に、1つでも「YES」と答えた方は、ぜひ本書をご一読ください。

□子どもにはいい学校に入ってほしい
□習い事は家計が許す限りさせたい
□子どもにお小遣いを与えている
□学資保険に加入している
□あなた自身に投資経験がない

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「お金の教育」という言葉が、流布して暫く経ちますが、
    決定的に抜け落ちているのが、「日本の教育」を、どのように捉えているかという視点だと思います。
    正直いうと、株とか、投資の基礎的知識、金融の歴史を、小さい頃に親から学んだとしても、
    あまり意味がないと思います。学ばないよりは、いいでしょうが。
    ただ、本質的な解決策から、かなりズレていると思います。

    なぜなら、多くの親が「勤め人」だからです。
    わかっている人はわかっていますが、この方が言うような「お金の教育」というのは、
    まず「勤め人」には、できません。
    親が野球選手で、冒険家になる方法を教えてくれと言っているようなものです。

    「日本の教育」というのは、如何に優秀な「勤め人」になるかで、学校体系が出来上がっています。
    その仕組みにどっぷりと浸かることが半ば強制されています。
    決して、自立した思考を培うなんてものは、日本の教育基本法を読んでも、どこにも書いていません。
    もともと、国民学校から始まってる日本の教育は、以前は軍人の養成でした。
    今は「勤め人」を養成するために、作られています。
    2020年から新しい学習要領うんぬんと、教育現場は、慌てふためいていますが、
    官が作った、つまり典型的な「勤め人」達が作った教育に、
    自立した思考とか、生きる力とか、問題解決思考(そもそも、彼らが教育問題を、
    何も解決していないという皮肉)なんて、身につくはずがありません。
    日本の教育は、最初から最後まで、型にはまった子を作り出すことです。

    そうではなかったら、いわゆる「就活」がまるで宗教的儀式のようになっていません。
    外国の方から見ると、軍隊みたいだなと言われるでしょう。
    スーツ文化も、その名残みたいなもんです。

    この方が、「お金の教育」を施して、どういう人材になってもらいたいかは、
    およそ資本家の定義と変わりません。
    ただ、資本家を養成するには、まず日本の教育や「勤め人」が多数を占める国では無理です。
    日本の教育のゴールは、どこまでいっても、「どこに所属するか」ですから。
    そのために小さい頃から、多くの時間を割いて努力します。
    今は、この所属先が、機能不全に陥っていて、どうしもない状態にありますが、
    それでも、「どこに所属するか」が日本人の一番の重要な事項になっています。
    これが、今の日本の不幸です。
    ただ、こういった体制を改革することは、まず不可能です。

    この本では書かれていませんが、お金の教育の要諦は、
    リスクをどう考えるかにつきます。
    つまり自分の判断に責任をもって、経済合理的に行動することです。
    そして、失業と破産を知ることです。
    お金の教育の裏返し的本質は、失業と破産は、この社会では当たり前にあることだと
    知ることです。しかし、「勤め人」には、決してできません。
    失業は、恥ずかしいこと、破産は、人生の破綻を意味しているからです。

    「勤め人」という選択をした時点で、それがどういうリスクなのか、
    経済合理的にどういうことなのか、これが、日本では、全く考えられていません。
    なので、「勤め人」になって数年もすると、「家でも買うか」という空気が、
    なぜか出てきて、「ありえないようなリスク」を平気で、
    選択する人が後をたちません。
    お先、自ら所属先の奴隷のようになるような人生を選択してしまう人です。

    これを著者は意図的なのか、それとも、
    日本の歴史や文化に疎いのか記述されていません。
    正直いうと、投資や株式、財務諸表の考え方は、リスクをどう考えるかに比べたら、
    まさに著者がいうように80:20の法則の20で、あまり重要ではないことです。
    著者は、見た目は外国人だけど、中身は日本人としていますが、
    おそらく日本の普通教育を受けていないと思います。

    個人的には、日本の教育を受けた人が書いた、
    資本家、投資家になるための「お金の教育」なら、
    澁澤栄一の『論語と算盤』の方が、お金の教育を、日本人が考える上で、
    よほど参考になると思います。
    日本人が、お金の教育を考える上で、
    もっとも重要なテキストであり、考え方だと思います。

  • お金に働いて貰うのが一番賢いやり方、という、良くあるお話。あまり心に残らなかった。

  • 1.なぜ、日本人はお金の話をすることに嫌悪感をもつのか。なぜ投資が怖いと思う人が多いのかを考える

    2.お金を得ることで幸せな生活が手に入りますり幸せとは、安心と自由の2つが手に入ることです。他国に比べて日本はどちらか一方に偏りすぎており、本当の幸せを得ていないのではないかというのが著者の疑問点です。
    お金について学ぶには、マインド、仕組み、歴史を正しく学ぶ必要があり、これらを学ばない限り、良い付き合いはできません。では、そのためにどうすれば良いのか、それは子どもの頃からの教育が重要となってきます。著者は、6才、13才、18才までにお金に対してどのように学んでいけばいいのか、著者の経験と考えが書かれています。日本人にとっては、金のがめつい人と批判する人もいると思いますが、これからの世の中には必要な知識です。
    これから、格差が拡大する中で、自分はどうしたらいいのか、子ども達に何を教えればいいのかそのような答えが載っています。

    3.やはり、子どもの時に教育されたことが大人になっても根強く残ってしまうのだと思いました。実際、私も東芝危ないモノだからやらない方が良いと教わってきました。しかし、現代ではその考え自体が危ないと思うようになりました。どんなに働いても増えない給料、上がり続ける物価、このような状況でさらなる収入を生み出すのは難しく思えます。
    やはり、お金の本質について学んでいく必要があるのだと思いました。

  • 子供の思考形成には、家庭での教育・空気作りは重要!

    本の内容としては、ある程度"お金の増やし方"的な知識がある人にとっては既知の事項がほとんど。


    金言
    ・人生で安心と自由を得るためには、自分の時間を切り売りするemployeeの立場ではなく、資産でお金を得るinvestorの立場になるべし
    ・一生懸命汗水垂らして働くことだけがお金を稼ぐ方法なのではない
    ・ローンで買ったマイホームは「資産」ではなくキャッシュを吐き出す「負債」

  • 信頼できる友人に勧められた一冊。読んで良かった。そして早速行動。ミアンさんの本をもう一冊読んで、自分自身も動こう!

  • 100年に一度レベルの転換期
    安心と自由=リッチマインド
    .子どもの将来における最大の危機は何だと思いますか?
    .やはり、良い大学に入って、良い会社に入るのが無難だと思いますか?
    .子どもに「お金持ちになるにはどうしたらいいの?」と聞かれたらどう答えますか?
    .まさか子どものために貯金したり、学資保険なんて加入してませんよね?
    .夫婦で家庭のお金について話をしていますか?
    .持ち家は資産ではなく、負債である。
    .魚を与えるのではなく、釣り方を教える
    .外食先で会計を当てるゲーム
    .子どもが欲しい物を作っている会社が買えることを教える

  • お金とは何か?
    どうやったらお金を稼ぐことができるのか?
    子どもにどう伝えたらいいか
    具体的な例も書かれていてわかりやすい。

    なにより
    親も勉強しなくては
    と思わされた

  • 金融リテラシーに自信の無い親が、が子供にお金の話をする為の勉強用として非常にお勧めです。
    貨幣・経済・投資・働き方に対してとても網羅されており、しかも1時間ほどで読みきれる内容にまとまっています。

    ただし事前知識のある人がこの本を読むと、レイ・ダリオ、村上世彰、大江英樹、このお三方が書籍やメディアで言われていることを集合したパクリ本だと気付きます。
    例えば食事後の会計当てゲームとか、経済政策で中央銀行が金利を下げる際に、どっかで見たことある建物とレバーが出てきたり。

    この著書者の創意で作り上げた本とは思えないですね。

    だいぶボロクソに書きましたが、金融リテラシーに自信の無い親が、が子供にお金の話をする為の勉強用として非常にお勧めです。
    お金に対して二次的な思考が身に付くでしょう。

  • 日本人より日本人ぽい外国の方が作者。
    習い事をひとつ減らして、ジュニアNISAをやろうというのはなるほど。大学生とかで自立して失敗する人も多いから金融教育は大事ですね

  • 自分にファイナンシャルリテラシーがないことで子供に教育ができないかも、と恐怖感が出てしまった。改めて自分もお金の教育をやり直し、実行していかねばと思えた作品。たまに読み返そう。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1980年、東京・品川で生まれる。両親はパキスタン人。国内のインターナショナルスクールで学んだ後、米国のデューク大学に入学。医療工学、電子工学を専攻、経済学を副専攻。在学中より株、FXなどに投資し資産運用も始める。大学卒業後、日興シティグループ証券に入社。その後、イギリス系のヘッジファンドに移籍。「金利のレラティブ・バリュー(裁定取引)」に特化し、最盛期には6000億円以上を運用した実績を持つ。

その後、起業の失敗と金融業界への復帰などの紆余曲折を経て、さまざまな投資とビジネスを通して資産10億円以上を構築。現在は、ブロックチェーンの後継技術として期待される「ヘデラ・ハッシュグラフ」を普及させる日韓法人の代表を務めている。また、「お金の科学者」として、オンラインコミュニティやリアルセミナーを通じて、まるでジムに通うように、誰も教えてくれなかったファイナンシャルリテラシーを向上させる「サミーのファイナンスジム」を主宰。小学生にもわかる解説を心がけるお金のセミナーはいつも大盛況で、子どもが参加することも多い。4男の父として家族を愛するよき夫、よきパパでもある。

「2019年 『お金の教育がすべて。7歳から投資マインドが身につく本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ミアン・サミの作品

ツイートする