〈発達のつまずき〉から読み解く支援アプローチ

著者 :
  • 学苑社
4.17
  • (3)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :26
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (120ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761407315

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 持っている

  • 子供が授業を妨害したり、字が枠のなかに書けないなど、基本的なつまずきに対する原因を理論的に例示している。
     対応は、状態の仮説(なぜそうするか)、方法の仮説(改善できるとすれば*な方法はどうだろう)、経過の仮説(*したら,次に*ができるだろう)を考えると良いという。
    たんなる対策本でないところが良い。

全2件中 1 - 2件を表示

川上康則の作品

ツイートする