いじめ・損なわれた関係を築きなおすー修復的対話というアプローチ

著者 :
  • 学苑社
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (155ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761407322

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いじめの現場にかかわって問題を解決するときの方法として、「修復的対話」を提案しています。すでに欧米では、「修復的対話」を取り入れ、被害者と加害者のあいだに良好な関係を築くという成果をあげている学校もあるようです。著者は、具体的な事例をあげながら、わかりやすく「修復的対話」の可能性について論じています。ソーシャルワークの理念と照らし合わせても、「修復的対話」にズレはなく、この方法を導入することによって、今後の日本の学校の在り方が変わってくるのではないかという期待を抱かせてくれます。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

日本社会事業大学名誉教授

「2016年 『子どもにえらばれるためのスクールソーシャルワーク』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山下英三郎の作品

いじめ・損なわれた関係を築きなおすー修復的対話というアプローチを本棚に登録しているひと

ツイートする