なっちゃんの声ー学校で話せない子どもたちの理解のために

制作 : かんもくネット 
  • 学苑社 (2011年1月20日発売)
4.22
  • (4)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :37
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761407353

なっちゃんの声ー学校で話せない子どもたちの理解のためにの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 場面緘黙症の子供たちを理解して貰う為に書かれた本です。

    場面緘黙症とは、特定の場所(学校など)や、状況(大勢の前で発表するなど)、人達(同級生や、喋らない事を知っている相手など)の前では声を出せなくなってしまう症状です。情緒障害の一つと言われていますが、認知度が低く、『喋らないのは強情な為』などと誤解され、喋る事を強要されたり、おとなしく問題を起こす事が少ないので、放置されがちです。

    学校で一言も喋らない子供がいると、「どうして喋らないの?」「病気なの?」と訊かれたり、「『あ』って言ってみて!」「喋らないと通してあげないよ」などと言われたりします。それが、場面緘黙症の子供にはとても辛いことだと知ってほしいです。

    『喋らない』のではなく『喋れない』のです。
    お話をしたいと思っていても、声が出せなくなってしまうのです。
    『喋らないと』と思えば思うほど、声が出なくなってしまうのです。

    この『なっちゃんの声』は、場面緘黙症の子供たちの気持ちが書かれています。
    もちろん、場面緘黙症の子供にも色々な子供がいて、なかには「わたしはなっちゃんとは違う」という思いを抱く子もいます。
    なっちゃん=場面緘黙児、ではない事は、承知して欲しいと思います。
    「喋りたいのに喋れない」という思いを抱く子供もいれば、
    「喋れないけど、みんなの話を聞くのが好きだから楽しい」と、楽しんでいる子供もいます。
    けれど、場面緘黙症を知らない子供たちや保護者、先生などには、場面緘黙症を知る入門書になりうる本だと思います。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「『喋らないのは強情な為』などと誤解」
      辛い話やなぁ、、、教職者には年1回は最新の知見をレクチャーさせたいですね(発達障害、アンガーマネージメント etc.)
      2013/01/11
  • 場面緘黙を理解する本。(i44)

  • 場面緘黙(ばめんかんもく)を理解するための絵本です。

  • 自戒をこめて

    もしも、声が出たときは「あ、しゃべった」と言わないでくださいね。とてもドキドキして、また声が出なくなってしまうかもしれません。

全4件中 1 - 4件を表示

はやしみこの作品

なっちゃんの声ー学校で話せない子どもたちの理解のためにはこんな本です

ツイートする