吃音のリスクマネジメント:備えあれば憂いなし

著者 :
  • 学苑社
4.67
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761407650

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

中学1年生の時に、「吃音の悩みから救われるためには、医者になるしかない」と思い、猛勉強の末、鹿児島ラ・サール高校卒業後、1999年九州大学医学部に入学。医師となり、研修医を2 年間終えた後、2007年に九州大学耳鼻咽喉科に入局。2008年より2012年まで九州大学大学院臨床神経生理学教室で、「脳磁図」を用いた吃音者の脳研究を行ない、今まで3 度国内外での受賞をしている。現在、九州大学病院耳鼻咽喉科で医師の立場で吃音の臨床、教育、研究を精力的に行なっている。

「2017年 『心理・医療・教育の視点から学ぶ 吃音臨床入門講座』 で使われていた紹介文から引用しています。」

菊池良和の作品

ツイートする