エコロジカルソーシャルワーク―カレル・ジャーメイン名論文集

  • 15人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : Carel B. Germain 
  • 学苑社 (1992年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761492021

作品紹介

いまやかつてないほどの激変の時代である。このような時代に、いままでの科学とりわけ近代諸科学のパラダイムの転換が厳しく指摘されているのも、当然のことといえよう。そして、そのなかで、直接人間に関わる社会福祉のとらえ方、またソーシャルワークの在り方に関わる論が変わらなくていいはずがない。

エコロジカルソーシャルワーク―カレル・ジャーメイン名論文集の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今でも良く使われる「エコロジカルソーシャルワーク」に関する本です。
    私は以前「ソーシャルワークを学ぶ会」という勉強会で読みました。ソーシャルワーカーがどのような視点で問題解決に取り組んでいくのかについて,多くの示唆があります。

  • どんな学問であれ、創始者の原典にあたるのが、一番、学びの栄養価が高い。

    〈エコロジカル・ソーシャルワーク〉の泰斗・ジャーメインの論文集。残念なことに「集」なので、全体を通しての構成が今一で、この新しい統合論的ソーシャルワークの理論的な掘り下げ方が弱いように感じた。しかし、これは後続研究を当たれと言うことだろう。

    それでも、時間(第2章)に関する考察は見事であるし、相互作用ではなく、交互作用として物事を見ていく視点(第6章)や生活モデルで提示された「関係性relatedness・力量comptence・自己指南self-direction・自己評価self-esteem」(新しい概念のため、適切な日本語訳ができないのが残念)の視点(第9章)は重要かつ実践的だ。

    トータルでは、間違いなく、☆5つです。

全2件中 1 - 2件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

エコロジカルソーシャルワーク―カレル・ジャーメイン名論文集はこんな本です

エコロジカルソーシャルワーク―カレル・ジャーメイン名論文集を本棚に登録しているひと

ツイートする