癒しのボディ・ワーク: こころもからだもイキイキ

著者 :
  • 学苑社
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761497040

作品紹介・あらすじ

現代人は、ストレスにさらされている。そのため、からだが固くなり、その上、こころまでこわばってしまっている人が多い。このような悪循環を断ち切るためには、ボディ・ワークによって、まず身体をリフレッシュさせてから、徐々に心へとアプローチしていくのが一番の近道である。本書では、動作法を中心に据え、著者独自の「とけあう体験」を加味させながら、現代人の"癒し"について考察する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 動作法についての本ですが、それ以外のボディワークなどについても書かれています。

    実例を含め非常に丁寧に解説されているので非常に勉強になります。

    動作法の「ぴたー」「ふわーっ」の触れ方は柔術の触れ方と同じ感覚です。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1948年、秋田県生まれ。文教大学名誉教授、今野心理臨床研究所所長。東京教育大学大学院博士課程中退、教育学博士(筑波大学)。公認心理師、臨床心理士。専門領域は、臨床心理学、健康心理学、障害児者心理学。
主な著書は、『障害児の発達を促す動作法』、『「癒し」のボディ・ワーク―こころもからだもイキイキ』、『とけあい動作法―心と身体のつながりを求めて』、『懐かしさ出会い療法―動作法による懐かしさの活性化をめざした回想法』(以上、学苑社)、『自閉症とマインド・ブラインドネス』(翻訳、青土社)、『「自立活動」に取り入れたい! 発達に障害のある子どものためのとけあい動作法』(明治図書)など。趣味は、川辺の散策、神社やお寺のお参りなど。


「2022年 『マインドフルネス動作法』 で使われていた紹介文から引用しています。」

今野義孝の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×