白井晟一空間読解―形式への違犯

  • 20人登録
  • 2.75評価
    • (0)
    • (1)
    • (4)
    • (3)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 安原盛彦
  • 学芸出版社 (2005年9月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761512057

作品紹介

図面と実空間のディテールに表われる空間を読み解く。

白井晟一空間読解―形式への違犯の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 哲学的で、西洋的でも日本的でもない異端の建築家とされてきた白井晟一の作品を図面や歴史的建造物、同世代の建築家(丹下健三、吉田五十八、堀口捨巳)らの作風との比較から読み解く。

    白井の作品では、外からみた形と中からみた形が不整合である。近代建築では機能と形との関係が不可分とされたので、近代合理主義が築きあげてきた考え方では理解されなかった。

    白井同様、構造を内部、外部に表さない吉田五十八も近代建築の主流からは受け入れられなかった。彼を評価したのはむしろ彼のクライアントである画家、作家、文化人、役者、料亭、旅館の主人たちだった。石井の最初の受賞が高村光太郎賞であったと同じく、吉田は日本画家の大家達の推薦により日本芸術院会員になった。

    内外を徹底して真壁造で構成しそのまま見せた丹下、内部を真壁造、外部を大壁とし柱を最小限、構造材ではなく付け柱で見せた白井、内外とも大壁にして造作を構造、木割りからも解放、徹底して細く少なく見せた吉田、三人三様の和を追求した。

  • 白井晟一の空間はなかなか良い。白井のディテールに惚れた...

全2件中 1 - 2件を表示

安原盛彦の作品

ツイートする