ドイツの地方都市はなぜ元気なのか―小さな街の輝くクオリティ

著者 :
  • 学芸出版社
3.50
  • (2)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761512439

作品紹介・あらすじ

中小都市の輝きはいかに生みだされるのか。都市の質はいかに維持され、高められるのか。エアランゲン市(人口10万人)に暮らは著者が「クオリティ・シティ」のメカニズムを解き明かす。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2008年8月

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

イツ在住ジャーナリスト。1969年奈良県生まれ、京都の地域経済紙を経て、1990年代後半から日独を行き来し始める。2002年からエアランゲン市を拠点にし現在に至る。一時帰国のたびに大学や自治体などを対象に講演活動を行っているほか、同市でもセミナープログラムを行っている。著書に『ドイツの地方都市はなぜ元気なのか 小さな街の輝くクオリティ』(学芸出版社、2008年)、『エコライフ ドイツと日本どう違う』(化学同人、2003年 妻・アンドレアとの共著)。

「2016年 『ドイツの地方都市はなぜクリエイティブなのか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高松平藏の作品

ツイートする