コミュニティデザイン―人がつながるしくみをつくる

著者 :
  • 学芸出版社
4.09
  • (210)
  • (233)
  • (102)
  • (20)
  • (6)
本棚登録 : 2179
レビュー : 237
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761512866

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 地域の課題を解決するのは人の力。
    都市開発のような大がかりなものではなく、ひとつひとつの行動は些細なこと。それがまちの活力になり少しずつ、ゆっくりではあるけれど、変化をもたらす。

    人のつながりを生み出すのはちょっとしたきっかけ。それを作り出すコミュニティデザインの可能性を強く感じた。

  • 本の作りに工夫がある。1人でできること。10人でできること...と、人数でできることの順に話が書かれている。

  • 今回の対談ゲスト 山崎亮さんの本です。
    中身はファシリテーションの活用事例やTipsが満載で、読み応えがあります。

    Event Staff

  • 「状況はまだまだ好転させられる」
    まさにまさに!と思いました。

    コミュニティ支援について、いわゆる福祉的な「ソーシャルワーク」だけで見ていてはいけないということにこの本から気づかされ、はっ!とさせられました。

    できることは、まだある。
    「福祉」という「枠」にとらわれない。
    そんなことを考えました。

  • 旬過ぎて「キニナル本」としてはどうかと思うけど。

    「つなぐ」がキーなのはわかるし、手法の一つ一つもそんなに目新しくぶっ飛んでるワケでもないと思ったりする。
    とすると、一体この人どんな人?ってことがキニナッテしょうがなくなる。一緒に仕事して、みてみたいと思わせる人だね。

    伊那谷に移り住んだ建築家夫妻が、去年の春に「これ!」と見せてくれた。その後瞬く間にコミュニティにかかわるいろんな人たちが話題に。(ひーさん)

  • 著書がランドスケープ(景観、公園)デザインのハードから、ハードや地域を担う人や組織に焦点をあて、彼らが主体になるための仕掛けやプログラムをマネジメントしていく過程が仕事を通じて進んでいく。
    絶えず試行錯誤しながら、地域の課題は当事者が中心となって解決していくように仕掛けていく姿勢、ノウハウが参考になった。
    例えば、過疎対策や移住者で有名になった隠岐海士町で、通常はコンサルが作成する行政の中期(10年)基本計画「第四次総合振興計画」を住民が行政と一緒に策定した過程が面白かった。住民から、
    1人でできること、10人でできること、100人でできること、1000人でできること、
    つまり、自助、共助、公助の具体案が提示され、行政ビジョンに取り入れられた。



    終盤にある以下の文書が本書の根底にある考えなので、長いが抜粋する。

    「社会的な課題に対してデザインは何が可能なのか。漠然と考えていたテーマが、このとき明確になった。デザインはデコレーションではない。おしゃれに飾り立てることがデザインなのではなく、課題の本質を掴み、それを美しく解決することこそがデザインなのである。デザインはdesignと書く。de-signとは、単に記号的な美しさとしてのサイン(sign)から抜け出し(de)、課題の本質を解決する行為のことを言うのだろう。僕が取り組みたいと思っていたデザインは、まさにそういうデザインである。人口減少、少子高齢化、中心市街地の衰退、限界集落、森林問題、無縁社会など、社会的な課題を美と共感の力で解決する。そのために重要なのは、課題に直面している本人たちが力を合わせること。そのきっかけを作り出すのがコミュニティデザインの仕事だと考えるようになった。」

  • これが東日本大震災前に出版することができなかったことが悔やまれる。

    どんなに時代が進化し、文明が発達しようと

    人と人のつながり、コミュニティの意義は変わらない。
    人は人とFace to Face で繋がっていることで前を向いて生きていけるんだろうと私は思う。だからこそ、この本で山崎さんらがやっている活動には深く深く共感をさせてもらった。

    最後の社会のデザインの部分は自分のやりたいことに繋がり大変参考になった。

  • バイブル。

  • コミュニティデザインってなんだよとか、
    山崎亮さんってどんな人とか、
    ワークショップのやりかたがどうとか、
    モノをつくるとかつくらないとか、
    お金・資源があるとかないとか、

    まぁたしかにいろいろ大事だけど、
    そんなことよりもやっぱりまちづくりって、
    年齢も経歴も職業も考え方もちがう人たちが同じ目標に向かって皆で取り組めることが最高だよね
    ってことを教えてくれた。

  • 7/29読了。
    モノやカネの価値がゆらいでいる現在、ヒトの繋がり、すなわちコミュニティの力をいかに引き出すか。誰かがつくったものを利用するのではなく、つくるための仕組みをつくる。この本は、これからの時代に最も求められていることの一つのあり方が、多くの事例と共にわかりやすく記されていた。

    ヒトの社会において最大の目的は個人がいかに充実したライフスタイルを送れるかであり、そこの問題に対して、ソフト面からのアプローチというのは非常に有効な手段なんだと再認識された。
    ハードだけがあればいいというわけではないし、ソフトだけでも心もとない。バランスと順序が大事だと思った。ハードづくりはそれをつかう人が何をしたいかというソフト面からの明確なニーズ、目的があると生き生きする。つまりハードはソフトの魅力を引き出すツールなんだと思う。
    モノを作るなら、大量生産のハコモノに人を収めるのではなく、利用者にピッタリフィットしたモノを作っていけたのなら、モノの価値もよりよくなるのでは。

全237件中 1 - 10件を表示

プロフィール

コミュニティデザイナー。studio-L代表。社会福祉士

山崎亮の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

コミュニティデザイン―人がつながるしくみをつくるを本棚に登録しているひと

ツイートする