幸福な田舎のつくりかた: 地域の誇りが人をつなぎ、小さな経済を動かす

著者 :
  • 学芸出版社
3.62
  • (2)
  • (4)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 64
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761513146

作品紹介・あらすじ

コミュニティを元気にする新しい豊かさを実現しよう。発見→発信→共感→つながりで、地方の未来は逆転できる。地方を元気にするトップランナーを多数紹介。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これまでの仕組みを否定し、
    自ら新しい仕組みを作り上げれば
    持続的に豊かな田舎を生み出せるという事例集。
    まず、自らの価値と資源を見出し
    それを必要とする所にどう伝えどう持続的に提供していくのか
    そんな仕組みを多発的に巻き起こせる動きはどうすれば実現できるのか考えていく必要があります。
    難題。

  • 自分でかかわっているまちづくりにも重なるところがあって、第2章の「若者が新風を吹き込む、レトロな商店街」の事例がとても印象的だった。頼りになる工務店が1つあると、本当にまちが変わると思う。

    他にも、もともと知っていた事例を新たな視点から見ることができたり、こんな仕掛けもあったんだ!と驚いたり。この本をきっかけに、こういう事例が全国にどんどん広がっていってほしい。

  • 請求記号:601.1/Kan
    資料ID:50067388
    配架場所:図書館1階西 学生選書コーナー

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

食総合プロデユーサー。食環境ジャーナリスト
「食からの地域再生」「食育と味覚ワークショップ」「地域デザイン」をテーマに全国の地域活動のコーディネート、アドバイス事業、執筆活動などを行なう。
また各行政機関と連携した食からの地域創り、特産品のプロモーション、食育事業のアドバイザーとして活動。
[役職]
総務省地域力創造アドバイザー/内閣官房地域活性化応援隊地域活性化伝道師/小笠原諸島振興開発審議会委員(国土交通省)/学校給食等地場食材利用拡大委員会委員(農林水産省)/特定非営利活動法人発酵文化推進機構特任研究員/新潟経営大学特命教授/明治大学農学部食料環境政策学科兼任講師/フェリス女学院大学国際交流学部非常勤講師/ライターズネットワーク相談役/日本ペンクラブ会員
[著書]
『ゆらしぃ島のスローライフ』(学研)、『創造的な食育ワークショップ』(岩波書店)、『田舎力 ヒト・夢・カネが集まる5つの法則』(NHK出版 生活人新書)、『里山産業論 「食の戦略」が六次産業を超える』(角川新書)、『タカラは足元にあり! 地方経済活性化戦略』(合同出版)など多数。

「2017年 『田舎の力が 未来をつくる!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

金丸弘美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
クリス・アンダー...
三浦 しをん
ジャレド・ダイア...
デイル ドーテン
有効な右矢印 無効な右矢印

幸福な田舎のつくりかた: 地域の誇りが人をつなぎ、小さな経済を動かすを本棚に登録しているひと

ツイートする