作品紹介・あらすじ

森を挽く人(製材所)森で採る人(山菜・キノコ採集)森で灯す人(木質バイオマス)森で育てる人(森のようちえん)……限りなく多彩でクリエイティブな森の仕事。森を撮る人として映画『WOOD JOB!』の矢口史靖監督、森を書く人に原作者・三浦しをんさんも迎え、ひたむきで痛快な彼らの仕事ぶりを綴った1冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ☆楽しそうだな。

  • 日本全国、森で働く人たち27人に取材。一口に森といっても、いろんな仕事がある。
    本を手に取った時から、三浦しをんの『神去なあなあ日常』を思い出したら、ちゃんと載っていた。映画のことも。
    カホンプロジェクトを読んだところで、楽器屋でカホンの展示に気がついたり、家具職を読んでネットでその家具を調べてみたり。

    2018年、地震やら豪雨やら猛暑が続いた。
    山の現場が心配になる。

  • なんだかんだ読んだことのなかった山崎さんのこちらの1冊。国内それぞれの森で活動しているいろんな仕事と人を集めて丁寧にまとめられた1冊だと思いました。ただ、ここには取り上げられなかった人で西多摩の森で楽しい取り組みをしている人もたくさんいるので、そんな人たちを集めた本が出たならそれこそ読んでみたい1冊だなと感じました。カホンのところで八崎さんも出てきたのが、人となりを知っている自分としては嬉しかったすね。日本だけでも、まだまだ世界は広いんだよなと改めて思った1冊でした。こういう人たちに会いに行くような旅もしてみたいなと思いました。

  • い図。いまいち入れずほぼ読まず。2018/2/12

  • 林業、製材業、木工など森に関わる仕事をしている方々の語りをまとめたルポ本。

  • 森を舞台にいろいろな職業の方のお話をまとめたのが本書。
    山、と聞くとインドア派の私は無理~、と拒否反応を無条件に返しますが不思議と山の自然や四季の植物には関心があります。
    海・山・里は日本の原風景だからでしょうか、なんとなく気にはなる。

    でも、実際山の仕事といわれるとピンと来ないものがあり、興味深く読み進めることができました。

    社会科の時間に日本の社会構造で斜陽産業として語られる第一次産業。
    本書を読んでみれば、そこにはかっこよく背中で仕事を語るおじ様、もしくは普通に話好きな人、個性的な人々が登場しております。

    例を挙げれば、熊とユンボ(パワーショベル)を取りあって口論しているお兄さん、優しい蜂として知られているニホンミツバチに「反応を見たかった」という好奇心からいたずらを仕掛ける材木屋の社長さん、80過ぎても現役で山に分け入り仕事をする超人さん(彼の一言はとても印象深いので興味があれば探してみてください)
    登場する人物が大変魅力的でした。

    実際問題、自然相手の仕事ですし苦労も想像できない位にあると思うのですが、それをさしひいてもあまりある何かがあると思わせる、そんな森の魅力がたくさん語られていました。

    図書館スタッフ(東生駒):homusa

  • 林業周辺の職にかかわる若者27人それぞれの人生、生活、取り組みや想い。

    森を撮る人として映画『WOOD JOB!』の矢口史靖監督、
    森を書く人にその原作『神去なあなあ日常』の三浦しをん氏が登場する。

    写真もあっておもしろい。
    日本の林業についての現状なんてまったく知らない、興味もない、というひと、また子どもたちにもぜひ手に取ってほしい一冊だと思います。

    しかし、うーん。

    起業した若者、親の跡を継いだ若者。
    地方へ移住し新しい生き方を模索する若者。
    Soup Stock Tokyoの内装を手掛けたり坂本龍一のエコ活動でシンボルブローチのデザインをしたり。子育てをしながらもおしゃれな草木染め工房で集客したり。
    あるいは父や祖父から受け継いだ山々を歩きづめに歩いたり。
    ぱっと見華やかでおしゃれな実績が偶然やコネクションで転がり込んでくることにも、譲り受ける地道で着実な営みにも。
    どうも彼らはただ幸運だ、恵まれているんだ、という思いが拭えません。
    業界にはもっともっと切実で血を吐くような思いをしている人々が、無念のうちに散っていった人々が山のようにいる。
    でもあえて「泥臭い」「血なまぐさい」部分を排除して仕上げたのが本書かもしれません。あえてふんわりした明るい未来に目を向けて、多くの興味を惹くことを第一義としたのかも。
    その意味なら成功だと思います。

  • 森や木に関わるひと達のお話
    なぜか読み終わりはほっこりする

  • 森に関わる人たちの仕事や思い、それらが詰まった一冊。林業はもちろん、作家やセラピスト、猟師や公務員までさまざまな業種の人が寄稿していて、山の深み・日本の林業の実情など多面的に知ることができました。期せずして、自分も木材関係の会社に転職した時期でもあったので非常に参考になりました。

  • 「森で働く」というステレオタイプをぐぐーーんと広げてくれるような、素敵な人&働き方がたくさん紹介されていて、とても気に入った。知り合いもちらほらいて嬉しい。個人的には、森の案内人・三浦豊さんも紹介してほしかったなー。

全22件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1976年新潟県生まれ。森林再生、地域再生コンサルタント、(株)古川ちいきの総合研究所代表。国産材ビジネススクール、国産材ビジネスセ ミナー、Clubプレミアム国産材主幹。東京大学大学院博士課程中退後、(株)船井総合研究所、(株)アミタ持続可能経済研究所、(株)トビムシを経て 2012年独立。木材産地のまちづくりから、森林ビジョン策定、流通整備、PR等トータルなブランド構築と手がけ、各種経営支援を行う。共著書に『若者と 地域をつくる』(原書房)

「2014年 『森ではたらく! 27人の27の仕事』 で使われていた紹介文から引用しています。」

古川大輔の作品

森ではたらく! 27人の27の仕事を本棚に登録しているひと

ツイートする