地域×クリエイティブ×仕事:淡路島発ローカルをデザインする

制作 : 服部 滋樹  江副 直樹  平松 克啓  やまぐち くにこ  淡路はたらくカタチ研究島(淡路地域雇用創造推進協議会) 
  • 学芸出版社
3.75
  • (1)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 100
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761513573

作品紹介・あらすじ

ローカルこそニッポンの最先端!商品開発、情報発信、空間創造のプロに学ぶ、人を育て、仕事をつくるプロジェクト「淡路はたらくカタチ研究島」。淡路島に新たな仕事をつくった起業家、地域と仕事の関係を再生する専門家、仕事をつくる仕組みをデザインした運営メンバーによる、地域を元気にするブランディングの教科書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 淡路島で"仕事"をつくる「淡路島はたらくカタチ研究島」の取り組みを中心としたプロジェクト紹介。スーパバイザーから島の人、移住者など様々な人の視点で、どうやって淡路島で"しごと"を作ったか、働きながら生きてきたか、が語られる。どのエピソードも、思いがあふれてくる感じ。
    島の人は昔から、一つの"仕事"ではなく、米や野菜をつくり、時には魚や海藻をとり、ものづくりをしたりと、複数の"生業なりわい"を持っていて、一つがダメでも追い詰められることがない。このプロジェクトでも、"くらし"と"はたらき"の垣根がない島の感覚に魅了され、都市から移住してきた例も多いようだが、その気持ちがよくわかる。

    講師の視点で登場する"青木将幸ファシリテーター事務所"の青木さんのこのエピソード最高!広げちゃダメだ、広げちゃ!

    以下引用-
    当時、会議のファシリテートだけでは食っていけない状況で、そういう不安もあってら、「あれも、これも、いろいろできますよ」という名刺をつくった。そして、その名刺を配っている間は、あまりファシリテーターの仕事が増えなかった。ある日、名刺の記載をシンプルに「青木将行きファシリテーター事務所」一本に絞ってみた。そういう風に絞って名乗ったことによって、「ファシリテーター事務所を立ち上げた青木さん!」と、はじめて世間に認知され、少しずつ仕事が来るようになった

  • ・地域活性化の成功とは何か?それは、そこに暮らす人々が、そこに
     住むことに誇りをもてること。

    ・移住者たちが、島で暮らすために足りないものが、生業。

    ・「シェア」は、分け与えるというよりも、持ち寄る。

    ・今必要なのは、働き方の見直しや改革ではなく、それ以前に
     「意味のある仕事」を作りだすこと。

    ・インキュベーター(孵卵器)。新しい事業や会社の卵がかえるまでの
     一定期間、温かく、安全に見守る。

  • シェアは、分けることでなく、持ち寄ること。みんなで得意分野を持ち寄れば、小さくなったピースでなく、ピースが集まった塊になる。

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784761513573

  • 地域プロジェクトの実践報告をまとめた一冊。ものすごくリアルな内容が詰まっています。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

服部滋樹/graf代表

「2016年 『地域×クリエイティブ×仕事』 で使われていた紹介文から引用しています。」

服部滋樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
ジェームス W....
佐々木 圭一
菅付雅信
アレックス・ジョ...
有効な右矢印 無効な右矢印

地域×クリエイティブ×仕事:淡路島発ローカルをデザインするを本棚に登録しているひと

ツイートする