まちで闘う方法論:自己成長なくして、地域再生なし

著者 :
  • 学芸出版社
3.63
  • (3)
  • (6)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 109
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761513597

作品紹介・あらすじ

お金がない、無関心、旧態依然の組織…環境を嘆くだけでは始まらない。まずは自分から変わる必要がある。まちを経営するという観点で18年闘い続けてきた著者が、まちを変えるために必要な思考と、身に付けるべき7つの技術、そしてまちの活動に参加する段階から継続的な事業マネジャーになるまでの成長プロセスを解説する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 地域でいかに稼ぐかということが書いてある。
    一人でのボランティア、団体でのボランティア、一人での事業、団体での事業という段階を踏んで経験を積むと良い。
    モチベーション維持も一つの技術。
    収入からまず利益を引いて、その残りが経費という考え方。

  • 商店街支援、まちづくりの論客である木下氏の以前の著書です。とはいっても2016年発行ですので、内容は最近のものです。
    「地方創生大全」と比較し、実際にまちに入り、どのような活動でいるべきか、何をすべきかを具体的に順序立てて説明しています。そのため、このような立場である人、これから携わっていくかたにとっては、マニュアル替わりになる1冊です。

    ▼成長プロセスのステップ
    ・属性:活動→事業
    ・時間軸:単発→継続
    ・責任:メンバー→マネジャー
    ▼まちを1つの会社として見立てた場合の要素
    ・まちへの流入増加
    ・まち内部での取引拡大
    ・まちからの流出削減
    ▼基本的な技術
    ①計画
    ・情報力(情報を集め、検証する)
    ・論理力(複眼的に分析する)
    ②事業立ち上げ
    ・構想力(自分のビジョンを描く、絞った戦略を立てる)
    ・実現力(プロジェクトを効率的に管理する、やる気を引き出し、良い結果を導く)
    ③継続
    ・組織力(みんなで取り組むからこそ失敗する)
    ・営業力(対象を絞り逆算で開発する)
    ・数字力(経営に関わる数字を見分ける)
    ▼共感されるビジョン
    ・挑戦するに値するという「意義性」
    ・達成できるかもしれないという「実現可能性」
    ▼まちづくりにおける戦略策定で重要なもの
    ・顧客
    ・競合
    ・供給
    ・規制

    <目次>
    はじめに
    第1章 思考編
    1.自分から始める時に必要な思考
    (1)受け身にならない。常に対案を作る
    (2)みんなではなく、自分がどうしたいのか
    (3)準備病から脱却し、まずはやってみる
    (4)「悩むこと」と「考えること」は違う

    2.グループで取り組む時に必要な思考
    (1)「自分たちでやる」から、「人に任せる」へ
    (2)説得ではなく、結果で見せる
    (3)「ないもの」で諦めず「あるもの」で勝負する

    3.革新的な事業に地域で取り組む時に必要な思考
    (1)いい人になることは二の次にする
    (2)再挑戦こそ本当の挑戦
    (3)稼ぐことと向き合う

    第2章 実践編
    1.成長プロセスのイメージ
    2.成長プロセスの基本ステップ
    3.ステップ別解説
    1 単発活動メンバー:自分のウリを持って取り組みに貢献しよう
    2 単発活動マネージャー:面白い企画を立てて参加者を率いよう
    3 継続活動メンバー:自己管理しながら要領よく動こう
    4 継続活動マネージャー:変化にも対応できる継続力を養おう
    5 単発事業メンバー:稼ぐための営業力を身につけよう
    6 単発事業マネージャー:複数事業を展開し、新たな事業モデルを創り出そう
    7 継続事業メンバー:事業の連鎖を生み、構造問題の解決を図ろう
    8 継続事業マネージャー:事業手法を体系化し、外とのネットワークを広げよう

    第3章 技術編
    1.基本的な技術を身につける
    2.情報力 情報を集め、検証する
    3.情報力 複眼的に分析する
    4.論理力 因果関係を整理する
    5.論理力 複数の要素を構造化する
    6.構想力 自分のビジョンを描く
    7.構想力 絞った戦略を立てる
    8.実現力 プロジェクトを効率的に管理する
    9.実現力 やる気を引き出し、良い結果を導く
    10.組織力 みんなで取り組むからこそ失敗する
    11.営業力 対象を絞り逆算で開発する
    12.数字力 経営に関わる数字を見分ける

    おわりに

  • 著者の経験による街おこしの方法を述べた本。
    特に、以下の部分が心に刺さった。

    ・人の話を聞きすぎる問題。街の取り組みをスタートするうえで重要なことは、まず、自分がどうしたいかを考えること。
    ・まちづくりで大事なのは、主観のぶつかり合い。「あの人の夢に共感し、ぜひともに推進したい」と思ってもらえる人こそが、上に立つべき立場にある。

  • 地域での起業をする人に向けて書かれたハウツー本。案外自分でもすでに実践していることがほとんどだが、これが体系的にまとめられたことに大きな意味があるのだと思う。著者もこの本の中で言っているが、往々にして地域の人々は頑なか、そうでなければ破壊主義者に陥りがちだが、そのどちらでもない第三の道を示す標となる一冊である。自分がプレイヤーに回る/回った時に自戒的に再読したい。

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

エリア・イノベーション・アライアンス代表理事

まちで闘う方法論:自己成長なくして、地域再生なしのその他の作品

まちで闘う方法論 Kindle版 まちで闘う方法論 木下斉

木下斉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

まちで闘う方法論:自己成長なくして、地域再生なしを本棚に登録しているひと

ツイートする