協働のデザイン―パートナーシップを拓く仕組みづくり、人づくり

著者 :
  • 学芸出版社
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761522568

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 震災からの1年間は被災地支援活動における市民と行政との協働の現場を体感した1年でもあった。この1年を振り返るべく、久々に書棚から本書を取り出した。自立、主体性、共通目標、対等、公開という協働における基本要素が確保できたのだろうか、をレビューするには最適書だと思う。

  • 卒論の一環で目を通しました。
    行政の下請け状態を抜け出せない状態にある日本のNPO法人が
    目指すべきパートナーシップの在り方と、
    そのHowの部分に言及されていますが、
    NPO本らしく、抽象的になっている点は否めません。

  • 【リサーチペーパーで使用】全体的に依拠している根拠が分からない部分がちょこちょこあります。これは思いこみで言っているのではないかと疑いたくなるほどです。全体的に著者が実践してきたことを書いている本で学術とは程遠いので、まぁそういう考え方もあるのね程度に読む本です。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

京都市生まれ、神戸大学文学部哲学科卒業、大阪大学大学院工学科博士課程後期修了。元金沢大学大学院教授、酒蔵環境研究会代表幹事、NPO法人「NPO研修・情報センター」代表理事などを歴任。著書は「挑戦する酒蔵〜本物の日本酒をもとめて」(農文協、共著)、「参加と協働のデザイン」(学芸出版)、「コミュニティ・レストラン」(日本評論社)など多数。

「2018年 『酒蔵最前線 日本酒、米づくりから始める』 で使われていた紹介文から引用しています。」

協働のデザイン―パートナーシップを拓く仕組みづくり、人づくりのその他の作品

世古一穂の作品

ツイートする