市民参加と合意形成―都市と環境の計画づくり

著者 :
  • 学芸出版社
3.25
  • (0)
  • (3)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761523701

作品紹介・あらすじ

「参加」が目標の時代は終わった。実効性ある市民参加とは、意思決定への反映!「意味ある応答」を保証するための、「自由討議の場」「アドホックな代表者による合意形成の枠組」「アウトリーチ」「計画の推進」「評価」「議会との関係」など幅広く検証し、あるべき改革の方向を示す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • <シラバス掲載参考図書一覧は、図書館HPから確認できます>
    https://www.iwate-pu.ac.jp/information/mediacenter/Curriculum.html

    <図書館の所在、貸出状況はこちらから確認できます>
    https://libipu.iwate-pu.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=228523

  • 環境の分野がメインですが、市民参加の全般がわかる本でした。
    意思決定過程の参画から、評価への参画、議会との関係まで幅広く書かれています。

  • 特に都市計画にかかわる合意形成過程がていねいにかかれています。
    情報公開って意味では、会社のIRみたいなことにかかわっている人にも参考になるかも。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

原科幸彦(千葉商科大学教授/東京工業大学名誉教授)

「2015年 『都市・地域の持続可能性アセスメント』 で使われていた紹介文から引用しています。」

原科幸彦の作品

ツイートする