美術館の可能性

  • 学芸出版社 (2006年8月10日発売)
3.40
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :25
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761523916

作品紹介・あらすじ

先鋭的な建築物として、人を呼ぶまちづくりの仕掛けとして、注目される美術館のこれからを探る。

美術館の可能性の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 総合的な著作で、とても読み応えがあります。1・2章で美術館の概念を整理し、諸要素を分類し、3・4章で展開を論じています。かなり難しい課題ながら、最後には可能性の方向性が提示されているのが凄くタフです。

    先日読んだ『サインシステム計画学』とこの本は通じるものがあります。前者が公共空間におけるデザインを、後者は公共空間におけるアートを扱っています。そういう点では、デザインとアートの差異について考えさせられます。一番明確な違いは、デザインは一般に対するプロダクトが要請されるのに対し、アートは顧客を定義することを免れ得ないこと。そこにきて公立の美術館が今後どのような戦略を立てていくべきか、やはりかなり難しい課題ですが、それを考える土台としてこれは読むべき本です。

  • Informative!
    参考文献 『美術フォーラム21』11号2005年 「鑑賞教育再考」特集

全2件中 1 - 2件を表示

並木誠士の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする