失敗に学ぶ中心市街地活性化―英国のコンパクトなまちづくりと日本の先進事例

  • 24人登録
  • 3.14評価
    • (0)
    • (2)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
  • 学芸出版社 (2008年8月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761524395

作品紹介

旧まちづくり三法の失敗と、郊外店の優位をくつがえした英国の経験に学び、三法改正後の課題を明示。先進事例を徹底検証。

失敗に学ぶ中心市街地活性化―英国のコンパクトなまちづくりと日本の先進事例の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  本書で私が感じた要点は以下のとおり。
    ○高度経済成長とともに、都市は拡大してきた。しかし、既に到来している少子高齢化・人口減少社会においては、都市機能を集約した「コンパクト・シティ」を向かわなければならない。
    ○街の賑わい創出に商店街の役割は大きいが、中心市街地の衰退の責任を商店街に帰するべきではない。
    ○中心市街地活性化基本計画の策定・実施、評価・改善というPDCAサイクルを常に循環させながら取り組む。

全1件中 1 - 1件を表示

横森豊雄の作品

失敗に学ぶ中心市街地活性化―英国のコンパクトなまちづくりと日本の先進事例はこんな本です

ツイートする