都市の自由空間―街路から広がるまちづくり

  • 27人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 鳴海邦碩
  • 学芸出版社 (2009年10月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761524715

都市の自由空間―街路から広がるまちづくりの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  副題が街路から広がるまちづくりとなっていたので、土木からの指摘からなと思っていたら、読み出したら、著者が鳴海先生なので、そんなことありえないなと思った次第。

     これからは、大きな公共投資もできないので、今ある道路空間をうまくつかってにぎわいとかだしていく、新しくつくる被災地の道路なども、できるだけスケールを小さく、みんなで集えるような空間設計を考えて、それと人口が減っていって空き地がでてきたら、そのまま森に返せるような区画道路設計とかできないか、という問題意識をもっている。

     なるほど勉強になった情報。

    (1)江戸時代は、街路の全体の管理は道奉行が行ったが、木戸のうち、すなわち町内の具体的管理は自治会にまかされていた。(p70)

     今は、道路は道路法と道路交通法でがんじがらめだが、木戸とか、自治会で管理する広場的な空間の可能性が必要だと思う。

    (2)基町の高層の自由空間はうまくつかわれていない。(p161)

     確か、芦屋にもあったけど、同じく閑散としていた。これは人が風が強いし集まりにくい感じ。ちょっと無理な空間。

    (3)鳴海先生は商店街のアーケードを積極的に評価されているが、現在は維持管理費を商店街が十分にだせなくて、かなりひどい状況のものが多いので、それぐらいなら撤去した方がいいかなとも思う。

     なお、高松丸亀の事例も、もう少し、継続的に事業が拡大できるか注意が必要。

  • 都市の中の「自由空間」に焦点を当てた本。
    タイトルでは「街路」という言葉が用いられているが、それよりももっと広い概念として取り扱われているように思う。
    住居でも店舗でもない空間、というくらいに。

    前半では、「自由空間」の成り立ちについて、歴史的に解説している。
    狩猟をはじめた人類が「何故自由空間を必要としたのか」まで辿って、何故の推定、そして「自由空間」の分類が行われている。
    これが、「自由空間」を見る良いフレームワークになっていると思う。
    事実、その概念化共に、発見が多い。
    しょうがないのかもしれないが、現代の「自由空間」の事例紹介で、歴史的な分析から導き出したフレームワークが完全におざなりになっている嫌いがある。
    ここも、事例は非常に豊富なんだけれど。

    一方で、第5章以降では、最初のフレームワークを良い感じで現在に当てはめられているように思う。
    例えば、集合住宅のデザインに、「アイデンティティの為の空間」と言うような、狩猟集住時代に通じるコンセプトを見出す、など。
    この点に、この本1冊通してのまとまりや納得感、言ってしまえば「カタルシス」のようなものも感じられる。

全2件中 1 - 2件を表示

鳴海邦碩の作品

都市の自由空間―街路から広がるまちづくりはこんな本です

ツイートする