都市計画根底から見なおし新たな挑戦へ

  • 学芸出版社
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761525019

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 都市計画を根底から見直し、であって、都市計画が可能かの見直しじゃないのね。日本において、都市計画は、うまくいかないことを前提の仕組みのようにも見える

  • 請求記号: 518.8||M
    資料ID: 91113495
    配架場所: 工大選書フェア

  • この職業につき、三年。その視点から都市計画家という職能を見てみる。広域な視点を持ちつつも、現場での活動を行い、最終的に広域の計画、制度にメスを入れるべく論ずる。
    中間主体的で、息の長い、粘りある主張が必要か。
    最もハッとしたのは、今までは少子化と高齢化の絶対数を足しても減少傾向だったが、今後は高齢者の増加スピードが早いために増加していくということ。つまり、狭い生活圏域=中心市街地にニーズが集中するという予測。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1952 年、福岡市生まれ。東京大学教授。日本イコモス国内委員会委員長、文化庁文化審議会委員、同世界遺産特別委員会委員長。専門は都市計画、都市保全計画、都市景観計画。『西村幸夫 風景論ノート』(鹿島出版会)、『都市保全計画』(東大出版会)など著書多数。

「2018年 『信仰の対象と芸術の源泉 世界遺産 富士山の魅力を生かす』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西村幸夫の作品

ツイートする