タウンマネージャー: 「まちの経営」を支える人と仕事

  • 学芸出版社 (2013年6月15日発売)
3.40
  • (2)
  • (2)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • 55人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761525538

作品紹介

中心市街地を一つのショッピングセンターのように「経営」するタウンマネージャーが注目を集めている。イベント、開業支援やハード事業など方法は様々だが、共通するのは「補助金とボランティア頼み」から「自立する」まちづくりへの転換だ。仕事の実際からその能力の活かし方まで、各地で活躍する9人の実践から明らかにする。

タウンマネージャー: 「まちの経営」を支える人と仕事の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「タウンマネージャー」の具体像をつかむため。

  •  「タウンマネージャー」は、中心市街地活性化の実務者である。直訳すると「まちの経営者」だが、本書で表現している「まちの変化の仕掛け人」がしっくり来る。
     本書から得た、まちづくりの視点のヒントを以下に記す。
    ○「賑わい」を生むだけでなく、人同志のつながりをつくり、「居心地の良さ」を創出していく。
    ○まちづくりのワークショップでは、「とりあえずやろうぜ」と言う人の行動力と、「そもそも、やる意義は何か」と言う人の広い視点の両方を活かす。
    ○まちの消費規模に見合った適正商業売り場の検討。
    ○まち全体のタウンサイジング。

  • 商店街や中心地が衰退した一つの理由として「何かの問題解決にあたり、一人ひとりが正しいとされる行動をとったとしても、全員が同じ行動を実行した事で想定と逆に思わぬ悪い結果を招いてしまう」経済学用語の「合成の誤謬(ごびゅう)」ではないか。

    著書では、そのような状況の中でも戦っている9名の「タウンマネジャー」の実践が紹介されている。そのほとんどに生々しい実情や失敗などが織り込まれて、いわゆる「まちづくり」が一筋縄ではいかない実情が赤裸々に紹介されている。

    タウンマネジャーの定義はあえてされてなく、読者に定義づけはたくされているが、著者の言葉を借りれば「補助金とボランティア頼み」から「自立」するまちづくりの転換、「まちの変化の仕掛け人」これらの役割を果たす人がタウンマネジャーではないかと、私自身は緩やかに定義づけさせていただいた。

    印象に残ったタウンマネジャーの言葉やエピソードを紹介すると

    守山市の石上僚氏
    『自己顕示欲と出世欲が仕事のモチベーションだったが、「まちのひとから必要とされるのは、重圧であるが幸せ」』という言葉に氏の充実感を感じた。
    まちづくりのコツとして「緩やかに仕掛けながら待ちの変化を促し見守る」「まちに溶け込む努力」、「情報収集と情報発信」「若手商店主を巻き込む」「イベントがつながりを広げる」
    とのこと。

    田辺市の尾崎弘和氏と府中市・呉市にかかわった原田弘子氏の
    ちょっとしたきっかけから生まれる諸団体との摩擦は、教訓として大変参考になった。いろいろな失敗も隠さず語ってくれた尾崎氏、原田氏の勇気に敬意を表したい。



    伊丹市の中脇健児氏
    「行く人を増やすのではなく行ってみたいと思う人を増やす。」
    「街づくりは、町の賑わいや経済活性かといったものではなく、まち(ひと)の関係性をどれだけ豊かにするか、まちを行きかう人たちの出会いの質をどれだけバラエティに富んだものにするか。それがたぶんか強制の社会であり、柔軟性が高く、いわば強いコミュニティにつながる」
    情報発信=印象づける
    「出向く、迎え入れる、見つける」の循環「いつ相談が来ても対応できる」
    「協同でつくりあげているまち」「地元の人が一番楽しんでいる町」
    チームビルディングの成功はコミュニケーションの質に比例
    飽きのこない内輪にならないコミュニティ
    「そもそもさん」「とりあえずさん」の衝突とその対策。出会いの臨界点を越えるまでがんばる。

    富士市吉原地区 佐野荘一氏
    「イベントではまちは救えない」
    「ワークショップで議論されていることは、所詮その人たちの希望や要望を述べているに過ぎない。それを具体的に実行していくという当事者意識は、残念ながらほとんどない。」という部分で、私自身、当事者意識の重要性を教えていただいた。

    飯田市 三石秀樹氏
    官民協同の重要性。個人的には空いた住宅を改修してサービス付高齢者賃貸住宅等の福祉施設を作った事案は大変参考になった。

    全体から実践者の力強さやパワーを感じる内容だった。
    私自身「まちづくり」にかかわらせていただいて、私も感じていたことを佐野氏は見事に捕らえていましたので最後に紹介します。
    「タウンマネジメントは、街づくり自体をビジネスにするために新たな組織を設立する人材、あるいは比較的新しい組織の中枢部に入りこみ、街づくりビジネスを画策する人物、そのような、いわば起業家を輩出する事業ではないか。」
    自分は現在雇われ人で家族も養っていく中で、新規起業は大変リスクがあるなかで、今後自分がどのように「まちづくり」に関わっていくか、私自身にも課題を突きつけられた内容だった。

全4件中 1 - 4件を表示

石原武政の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

タウンマネージャー: 「まちの経営」を支える人と仕事を本棚に登録しているひと

ツイートする