3.11以後の建築: 社会と建築家の新しい関係

制作 : 五十嵐 太郎  山崎 亮 
  • 学芸出版社
3.14
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761525804

作品紹介・あらすじ

3.11以後、建築家の役割はどう変わったのか? 岐路に立ち、社会との接点を模索する建築家25人の実践を、旧来の作品・作家主義を脱する試みとして取り上げた。彼らはターニングポイントで何に挑んだのか。復興、エネルギー、使い手との協働、地域資源等をキーワードに写真と書き下ろしエッセイで新しい建築家像を照らす。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ちょっと概念的観念的な話が多かった。文章も評論文のようで読みづらい。ポエミーにも感じる。
    もっと実際的具体的な話が読みたかったのと、図表が足りないと感じた。
    震災関連の話が半分以下なのも不足感があった。

    21世紀美術館の展示では、プライバシーに配慮した避難所仕切りの組み立ての際の写真だとか、再建した教会の紙材料や建築中の写真、被災前後の写真などがあり、楽しめた。それを補完するような内容を期待していたので、観念的な話に終止していたことは残念と感じる。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

五十嵐太郎(いがらし・たろう)
1967年、フランス・パリ生まれ。建築史家、建築評論家。東京大学工学系大学院建築学専攻修士課程修了。博士(工学)。東北大学大学院工学研究科教授。『ル・コルビュジエがめざしたもの』(青土社)、『日本の建築家はなぜ世界で愛されるのか』(PHP新書)、『日本建築入門――近代と伝統』(ちくま新書)、『新編 新宗教と巨大建築』(ちくま学芸文庫)、『現代建築に関する16章』(講談社現代新書)など著書多数。

「2018年 『白井晟一の原爆堂 四つの対話』 で使われていた紹介文から引用しています。」

五十嵐太郎の作品

ツイートする