モビリティをマネジメントする コミュニケーションによる交通戦略

制作 : 藤井 聡  谷口 綾子  松村 暢彦  萩原 剛  伊地知恭右 
  • 学芸出版社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761526016

作品紹介・あらすじ

交通渋滞、バスや鉄道の経営難、中心市街地の衰退、これは人間が引き起こした社会的な問題だ。そこで市民の意識や常識に働きかけ、クルマ依存からクルマをかしこく使う方向へ、人々の自発的な行動転換をはかるのがモビリティ・マネジメント(MM)だ。その考え方や手法を初めてMMを担当する人、戸惑いがある人へ説く。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 推薦教員:全相鎭先生

  • 京都、江ノ電のほか、道路MMの事例も読めるお得な本です。モビリティ・マネジメントというとき、公共交通利用促進、マーケティングという側面が強調される事例が多い気がする。それももちろんあるけど、さらには、交通弱者へのモビリティの提供という側面もきっとあると思うのですが、そういう事例は、日本にはあまりないのかなぁ。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1968年奈良県生まれ。京都大学土木工学科卒業、京都大学大学院土木工学専攻修了後、同大学助手・助教授、東京工業大学助教授・教授を経て、2009年より京都大学大学院教授。ならびに、16年より京都大学レジリエンス実践ユニット長。2012年12月から安倍内閣内閣官房参与(防災・減災ニューディール担当)。専門は土木計画、経済政策などの公共政策のための実践的人文社会科学研究。生活・交通行動分析(アクティビティ分析)にて1998年土木学会論文奨励賞、認知的意思決定研究で05年行動計量学会林知己夫賞、社会的ジレンマ研究で03年土木学会論文賞、07年文部科学大臣表彰・若手科学者賞、06年に『村上春樹に見る近代日本のクロニクル』にて表現者奨励賞を、18年に公民的資質のためのシティズンシップ教育研究で土木学会研究業績賞を受賞。著書に『国土学』『経済レジリエンス宣言』『プラグマティズムの作法』『列島強靭化論』『コンプライアンスが日本を潰す』『社会的ジレンマの処方箋-都市・交通・環境問題のための心理学-』『合意形成論』(編著)『モビリティ・マネジメント入門』(共著)『社会心理学の新しいかたち』(共著)等。

「2018年 『改訂版 土木計画学 公共選択の社会科学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藤井聡の作品

モビリティをマネジメントする コミュニケーションによる交通戦略を本棚に登録しているひと

ツイートする