アジア・アフリカの都市コミュニティ:「手づくりのまち」の形成論理とエンパワメントの実践

  • 学芸出版社 (2015年12月19日発売)
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 11人登録
  • 1レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761526139

作品紹介

世界の都市人口が激増する現代、人口の受け皿ともなっているインフォーマル市街地は、真摯に居住環境と向き合うコミュニティがつくるエネルギッシュな「手づくりのまち」だ。気鋭の研究者たちが、アジア・アフリカ9都市の綿密なフィールドワークから近代都市計画の限界を超えた新たなまちづくりの可能性を示す。

アジア・アフリカの都市コミュニティ:「手づくりのまち」の形成論理とエンパワメントの実践の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アフリカの都市について若手のふたり

    【概要】
    事例研究集

    【感想】
    現在のアジア・アフリカ都市の状況と歴史的展開から問題意識を整理しているものの、個別の事例報告のつなぎ合わせの域は出られていない感はある。体系化は非常に難しいだろうが。

全1件中 1 - 1件を表示

城所哲夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

アジア・アフリカの都市コミュニティ:「手づくりのまち」の形成論理とエンパワメントの実践はこんな本です

アジア・アフリカの都市コミュニティ:「手づくりのまち」の形成論理とエンパワメントの実践を本棚に登録しているひと

ツイートする