これからの建築士 職能を拡げる17の取り組み

制作 : 倉方 俊輔  吉良 森子  中村 勉  東京建築士会 
  • 学芸出版社
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761526160

作品紹介・あらすじ

建築への信頼が問われる今、必要なのは100万人の「建築士」のバージョンアップだ。専門性を活かしながら、新たな領域と関係性をつくり出して活動する17者の取り組みを、本人たちが書き下ろした方法論と、核心を引き出すインタビューによって紹介。日本全国の建築士が今できる取り組みを見つけ、仕事の幅を拡げられる1冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 建築への信頼が問われる今、必要なのは100万人の「建築士」のバージョンアップだ。専門性を活かしながら、新たな領域と関係性をつくり出して活動する17者の取り組みを、本人たちが書き下ろした方法論と、核心を引き出すインタビューによって紹介。日本全国の建築士が今できる取り組みを見つけ、仕事の幅を拡げられる1冊。(出版社HPより)

    ◆◇工学分館の所蔵はこちら→
    https://opac.library.tohoku.ac.jp/opac/opac_details/?reqCode=fromlist&lang=0&amode=11&bibid=TT22044487

  • 建築士の仕事が、時間とともに評価される、プロセスが評価される時代になってきている感じる。あとは経済性でしょうか。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

倉方 俊輔:1971年東京都生まれ。早稲田大学理工学部建築学科卒業。同大学大学院修了後、伊東忠太の研究で博士(工学)を取得。現在、大阪市立大学准教授。専門は日本近現代建築史。研究や執筆の他、日本最大の建築公開イベント「イケフェス大阪」の実行委員会委員を務めるなど、建築の魅力的な価値を社会に発信する活動を展開している。著書に『東京モダン建築さんぽ』(エクスナレッジ)、『吉阪隆正とル・コルビュジエ』(王国社)、編著に『吉祥寺ハモニカ横丁のつくり方』(彰国社)、『伊東忠太建築資料集』(ゆまに書房)、共著に『別冊太陽 日本の住宅100年』(平凡社)、『みんなの建築コンペ論』(NTT 出版)などがある。

「2021年 『京都 近現代建築ものがたり』 で使われていた紹介文から引用しています。」

倉方俊輔の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
森田 真生
瀧本 哲史
東京工業大学 塚...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×