フランスの地方都市にはなぜシャッター通りがないのか: 交通・商業・都市政策を読み解く

  • 学芸出版社
3.33
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 70
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761526368

作品紹介・あらすじ

日本と同じくクルマ社会で、郊外には巨大なショッピングモールがあるのに、なぜフランスの地方都市の中心市街地は活気に溢れ、魅力的なのか。「駐車場と化した広場」から「歩いて楽しいまちなか」への変化の背景にある、歩行者優先の交通政策、中心市街地と郊外を共存させる商業政策、スプロールを防ぐ都市政策を読み解く。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • フランスは歩いて暮らせるための交通が発達していて、商店街で買い物をする人の割合が多い。空き店舗を防ぐため、空き店舗の期間が長いと増税となる。
    スプロール化は将来の食糧不足に備えての農地確保。
    コンパクトシティではなく、歩いて楽しいまちづくり。

  • 移動する権利があることっていうのがこんなに社会を変えるのかなと思う。日本の特に関東南部では難しいけど、それ以外はいけるんじゃないかなとおもう。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

ヴァンソン藤井由実(ふじい ゆみ)
ビジネスコンサルタント(日仏異文化経営マネジメント)。大阪出身。大阪外国語大学(現大阪大学)フランス語科在学中に、ロータリークラブ奨学生として渡仏、フランス国家教育省の「外国人へのフランス語教諭資格」を取得。1980年代より、パリを中心に欧州各地に居住し、通訳として活動。2003年からフランス政府労働局公認の社員教育講師として、民間企業や公的機関で「日仏マネジメント研修」を企画。翻訳監修『ほんとうのフランスがわかる本』(原書房、2011年)、著書『ストラスブールのまちづくり』(学芸出版社)。

「2016年 『フランスの地方都市にはなぜシャッター通りがないのか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ヴァンソン藤井由実の作品

フランスの地方都市にはなぜシャッター通りがないのか: 交通・商業・都市政策を読み解くを本棚に登録しているひと

ツイートする