コンパクトシティの計画とデザイン

著者 :
  • 学芸出版社
3.25
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 43
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761531607

作品紹介・あらすじ

中心市街地活性化三法改正を踏まえた日本型成熟都市の提案。英国・EU・米国・日本の最新動向と事例に学ぶ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • コンパクトシティ界の神、海道さんの最新著書。(2007)

    欧米で議論された、ニューアーバニズム、スマートグロースなどのように、世界中の先進国の間では、自動車依存からの脱却、高齢化社会・成熟社会に対応するべく、コンパクトシティという概念が政策に盛り込まれている。

    それは、日本でも例外ではなく、
    まちづくり3法の改正により、国土交通省もコンパクトシティ政策を宣言した。

    しかし、
    日本には、それを実行する計画論やアーバンデザインの基盤が整っておらず、駅前開発を行うことがコンパクトシティだと誤解されている。

    海外の計画論、アーバンデザイン論を事例を交えながら紹介した上で、日本の中心市街地と郊外、都市再生へ異論と次の展開への意向を主張している。

    コンパクトシティ関連では、一番まとまっている本であるといえよう。

全1件中 1 - 1件を表示

海道清信の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ケヴィン リンチ
エリック・リース
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする