• Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761540920

作品紹介・あらすじ

人口減少に対して都市のコンパクト化論が盛んだが、その後退的で否定的な印象によるマイナス思考が、地方の希望を損ねかねない。必要なのはパラダイムシフトを好機と捉え、空き地や空き家を活かして多様な都市空間を生み出し、新しい暮らしと都市への希望を創り出すことだ。計画は何ができるか、なすべきかを明らかにする

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

豊橋技術科学大学大学院教授

「2017年 『都市縮小時代の土地利用計画』 で使われていた紹介文から引用しています。」

浅野純一郎の作品

都市縮小時代の土地利用計画:多様な都市空間創出へ向けた課題と対応策を本棚に登録しているひと

ツイートする