はじめに子どもありき―教育実践の基本

著者 :
  • 学芸図書
4.73
  • (8)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (131ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761602543

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 母親からすすめられた本。
    将来、子どもを相手に考えている私にとって、教師は目指していないけれども、すごくタメになった。
    あと、将来母親になるときにもう一回読みたい。
    というか、結構手元においておきたい。それくらいの本。

    来年から図書館で働くけど、本の知識も子どもに対する経験も
    少なくてかなり自信がなかったし、不安だったけど、
    何も知らないからこそ、子ども(大人)の探求に付き合っていける
    そう信じて頑張っていこうと思った。
    そして、知識を得た後も現状に満足しないで
    貪欲に学ぶ姿勢は忘れないでおきたいな!

    教師になる友達にも薦めたい。

  • 教師になる上で自分がぼんやり大事にしたいと思っていたことを、明確に言い表していた。時代が変わっても不変な理想を見失わないことと、流行とのバランスを取っていくことが重要だと感じた。
    指導要領だけでなく自治体や学校の教育目標など、様々な理想の実現が求められているが、目標ありきだけでなく、子どもありきで考えていきたいと思う本だった。
    その教師とその生徒だからこそできる授業が1番いい授業だという想いがより一層強くなった。

全2件中 1 - 2件を表示

平野朝久の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西 加奈子
西 加奈子
ジョナサン アレ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする