学級経営10の原理・100の原則―困難な毎日を乗り切る110のメソッド

著者 :
  • 学事出版
4.04
  • (7)
  • (12)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 79
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761918088

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • メモしながらねっとりと読みました。場面指導対策に効果的だと思います。ここまで具体的にわかりやすく論理的に説明をする現職の先生はほとんどいないと思います。自分のメソッドに固執することのない「謙虚な原理原則」に感銘を受けました。

  • 学級経営に必要な要素がコンパクトかつ分かりやすくまとめられているので2時間あれば最後まで読み終わるだろう。
    1点疑問だったのは「偶然性を排除した席替え」ってどんなものなのか?ということ。偶然性を排除するには席替えの基準が必要になり、それが公平かつ妥当なものなのか、生徒たちに納得させることができるのだろうか?そこがよく分からなかった。
    地域や校種などによって風土や仕事の進め方などには差があって、ここに書かれていることが一概にあてはまるとは限らないが、最大公約数的に網羅されているので参考にはなると思う。

  • 著者が中学校教諭なので中学校でのエピソードが中心であるが,そのエッセンスは学校種を問わず応用できる。

    初任や臨時で使う自己内リソースが少ない人はこういう原理原則に基づいて経験を積むべきであろう。本来なら同じ学校の先輩教員が教えてくれるのだろうが,そういう環境は珍しいだろう。

    コラムもヒントになる。
    →AをさせたいならBさせる
    →自己紹介の板書に見える素行
    →家庭学習のさせかた(SRLのガイド本作りにも参考になる)

    通知表の所見については教職実践演習での教育評価に関する参考資料となりそうだ。

  • 学級経営で“失敗しない”ための10の基本原理と、100の原則を紹介。新人教員に有用です。OPAC → http://p.tl/0pSC

  • これから、堀先生の本を何度も読んでいくんだろうなと思う。何度も何度もその時必要な箇所を拾って読んでいくことになるだろう。

  •  席替えや給食、掃除、ショートホームルームなどの学級担任が指導する場面から、職員室での人間関係や通知表の書き方、保護者対応まで、何に気を付ければ失敗しないのか、という原理・原則が書かれている。中学校が対象。
     『生徒指導10の原理100の原則』が良かったので、同著者によるこの本も読んでみた。
     10の原理の中でも「同一歩調の原理」の中のコラムに書かれている「学級経営の相対評価」というのは、怖いなと思う。自分がどれだけきちんとやっているかというよりは、他の先生と比べてどうか、ということで生徒や保護者は情報交換しあってるんだなと思うと、「連携を取り合う」という姿勢が大事なんだと思う。また、「席替えはくじ引きでしない」というのも意外だった。今までのおれの経験の中で、席替えをくじ以外で決めていた先生はいただろうか、と考えると難しい。また、「学力の向上10の原則」でも書かれている通り、学級経営がうまくいっていないと成績が下がる、というのはやっぱり本当なんだと思った。清掃にせよ、給食にせよ、とにかく「システムを作ること」がとても重要だということが分かった。(13/03/24)

  • 新学期、これからのお伴に。座右の書。

  • 4月から学級経営に欠かせない内容が書かれている。また、リーダー育成や職員の関係についても言及されている点は大変参考になる。

  •  10の原理とかいわれるのは、どちらかというと苦手である。なぜ9や12ではなくて10なのか、その10というのは全部なのか、23あるうちの作者が主張したい10なのか、そんなことを考えてしまうのだ。なんとなく、安易なビジネス・マニュアル本的な、わかりやすさと裏腹のうさんくささを正直感じてしまうのである。「絶対に彼女が落ちる10のテクニック」とかね。

     読んでみると、そういううさんくささはすぐに消え去ってしまう。10の原理にしろ、100の原則にしろ、確かにそうだよね、と膝を打つものが多い。テクニックという言葉でいうのはふさわしくないかもしれないが、「こうやるとうまくいく」とか「こうするとミスがなくなる」といったひとつひとつの細かいことを、こういう柱を立てて整理していく、という雰囲気である。

     中学校をメインに置いている書籍なので、高校や小学校、あるいは特別支援学校の教員から見れば、必ずしもすべてがストライクであるとばかりは言えない。しかし、実際の行い方は相手の発達段階に即して考えていけばいいわけで、そういう点でまさに「原理」なのだと思う。心の中にきちんとおいておいて、ちゃんとそれに沿ってひとつひとつの指導を組み立てていけばよいのだ。

     一番奥の方に、生徒に気持ちを大事すること、先生が不要な負担感を持たないようにすることがちゃんとあるから、すっきりと心に伝わってくるのだろう。安易なマニュアル本と誤解して手にとっては行けない本だとは思うが、自分の実践をチェックし分析するにはいい本だと思う。ぶれない基準のようなものを自分の中に作ることが出来るのではないかな。

  • 組織で、良い雰囲気で働きたい人、新しく部下ができる(フィードバックをする必要のある)人が読んだら良いと思う。もちろん新人の先生も。

全14件中 1 - 10件を表示

堀裕嗣の作品

学級経営10の原理・100の原則―困難な毎日を乗り切る110のメソッドを本棚に登録しているひと

ツイートする