授業づくりエンタテインメント! ―メディアの手法を活かした15の冒険

著者 :
  • 学事出版
4.00
  • (3)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761920890

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  AKB好きの著者、何かといえばAKBが出てくるが授業と娯楽を同一に考えてよいものなのだろうか。

     授業のやり方自体はこの著者のようになっても良いのだろうが、教師も生徒もそのレベルにない事は明らかだろう。

     授業内容だけを変えてもできない生徒はできない。はっきり言って自分がこの授業を受けろと言われたら吐き気がする。

  • 学校の授業が崩壊している。

    教師の指導力不足による崩壊は問題視されてからしばらく経っているが、一見成立しているようにみえる授業でも、生徒は黙って座っているだけ。参加しているわけではない。そんな状況も崩壊した授業ではないだろうか…?

    「反転授業」と新しいスタイルが着目されているが、今ある状況から少しでも改善するためには何かないか。そう思ったときに、「そういう聞き方があったか」「それだけで変わるのか!?」と思える。

    小・中だけでなく、高校でも十分使える。

    そんな風に思える内容でした。

  • 授業をエンタテイメントの視点で考え,授業における目的を達成するための方法を紹介。鏡で笑顔を,は悪くない。固くない本。表紙からそれも分かるが,効果はどうだったんだろう。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1965年生。東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得満期退学(教育学修士)。2010年より千葉大学教育学部教授。メディアリテラシーやディベート、環境、数学など新しい授業作りに取り組んでいる。

「2017年 『みんなで道トーク! (3) 《まち編》』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藤川大祐の作品

ツイートする