サブリミナル効果の科学―無意識の世界では何が起こっているか

制作 : 坂元 章  坂元 桂  森 津太子  高比良 美詠子 
  • 学文社 (1999年11月1日発売)
3.33
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 28人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784762009068

作品紹介

われわれは、自分が全く気がつかなかったような映像や音声からでも、無意識のうちに影響を受けることがある。これがサブリミナル効果である。サブリミナル効果の威力は強大であり、これをうまく使えば、相手に気付かれないままに、相手を自由に操ることも可能であると信じている人たちもいる。しかし、一方で、これを全く信じていない人たちもいる。認識には少なからず開きがある。実は、サブリミナル効果は、学術的な心理学の研究対象として古くから関心が持たれ、多岐にわたる研究によって、ある程度の知見が蓄積されているものである。しかし、こうした知見はまだ十分に紹介されておらず、われわれ編者は、このことが認識の開きを生んでいるのではないかと考えている。そこで、本書では、それらの知見を詳しく解説し、実際のところ、学術的な観点からは、サブリミナル効果の真偽をどのように考えるべきかという問題について論じたいと思う。

サブリミナル効果の科学―無意識の世界では何が起こっているかの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • まだまだ研究途上の「サブリミナル効果」。
    なんだか怪しげで、興味そそられる。
    でも、とりあえず日常生活においては、それほどの威力はなさそうだ。
    研究の難しさも、よく伝わってきた。
    現実はあまりに多様で、実験室のようにはいかない。
    でも、無意識が捉えるものがあるかもしれない、という事実は、やはり興味深い。
    人間の、奥深さを感じる。
    意識が働いている部分なんて、上っ面だけなのかもしれないね。

  • 分類=心理学・サブリミナル効果。99年11月。

全3件中 1 - 3件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
内田 和成
ロイ・バウマイス...
シーナ・アイエン...
村上 春樹
苫米地 英人
マーク・ピーター...
有効な右矢印 無効な右矢印

サブリミナル効果の科学―無意識の世界では何が起こっているかはこんな本です

ツイートする