家事と家族の日常生活―主婦はなぜ暇にならなかったのか

著者 :
  • 学文社
3.50
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784762017353

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日本は先進国中、男性の家事負担がダントツに低い。外で仕事をして、家の中では大きな顔して、ふんぞり返って居る。自分の妻がどんなに大変か興味も示さない。思いやりも想像力もないのだ。妻がいなくなったら、どうするのだ。どう生活するのだ。新しい妻、つまり自分の身の廻りの世話をしてくれる別の女性を探すことで解決するぐらいにしか考えていない。
    それでは、愛も何もないではないか。
    そんな男に甘い顔している女も女だ。そして、私もそんな女のひとりだ。夫を愛しているから、私は考えを変えることにした。夫がひとりでも生きていけるように家の中を整え、家事をこなせるようにする。探したり、怒ることなく、家の中を、モノを自由に使えるようにする。料理だって、掃除だって、洗濯だって、できるように整理する。夫を妻から自立した個人にできるようにする。読後、そんなことを考えた本だ。

  • まさかの藤村ゼミの文献課題。昔と比べて家事用品は高度になったのに家事の時間は減らなかった。それは家事水準の向上、社会階層の違い、就業体系の違いetc様々な要因が絡んでいる。そして、今後の少子高齢化で生活も変わっていく、特に女性は就業問題や家事で選択肢が広まっているからより自己決定に慎重になってほしい。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

城西国際大学福祉総合学部准教授

「2016年 『気候変動政策の社会学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

品田知美の作品

ツイートする