ケースメソッドによる学習

著者 : 百海正一
  • 学文社 (2009年7月発売)
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :16
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (154ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784762019647

ケースメソッドによる学習の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この度、ケースメソッドのシナリオ作りをした際に、大いに参考となりました。特に特徴と学習目標が参考となりました。あと、ケースサンプルが。ケースメソッドがマネジリアルスキル(テクニカルスキル、ヒューマンスキル、コンセプチュアルスキル)の取得が成果だそうな。さて、私の作ったシナリオが、その様な価値を生み出すのか…。指導者の腕は確かだから、シナリオの出来以上に利用してもらえると幸いだけれど。

  • 交渉には分配型交渉(win-lose) と統合型交渉(win-win) がある。事前準備の重要性、目標点、開始点、抵抗店など分配型交渉の構造を学習する。

  • 親父に薦められた本。人にモノを教えるためのメソドロジとしては持っておいていいものだと感じた。

全3件中 1 - 3件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
野中 郁次郎
ジェフリー・ムー...
内田 和成
有効な右矢印 無効な右矢印

ケースメソッドによる学習はこんな本です

ツイートする