図書館情報技術論 (ライブラリー図書館情報学)

  • 14人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 日高昇治
制作 : 大串夏身  金沢みどり 
  • 学文社 (2013年6月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784762023668

図書館情報技術論 (ライブラリー図書館情報学)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  情報技術が図書館ではどのように使われているのかということが俯瞰的にまとめられている。司書課程の学生向けに書かれたものであるが、情報系の読者に対しても、情報技術の応用例として読み応えのある内容となっている。加えて、インターネットやクラウド技術、ユビキタス社会の発展を受けて、図書館がこれからどういう方向を目指すべきなのか、課題は何かというところにも着目している。これは技術論の範囲を越えて図書館論とでもいうべき領域に踏み込んでいるが、現在の図書館において情報技術は必要不可欠であることを鑑みれば当然の事であるように思う。また、図書館がこれからも存続していくためには、これらの新しい技術を取り込まなければならないという提案であり警告であると感じた。

全1件中 1 - 1件を表示

日高昇治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

図書館情報技術論 (ライブラリー図書館情報学)はこんな本です

図書館情報技術論 (ライブラリー図書館情報学)を本棚に登録しているひと

ツイートする