記憶研究の最前線

  • 北大路書房 (2000年3月発売)
3.43
  • (1)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 20人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784762821660

作品紹介

人間の記憶は,どのようなしくみやはたらきによって構成されているのか−記憶研究で現在話題となっているホットなトピックを取り上げ,そのトピックの理論的な背景は何なのかを明確にし,それを支持する代表的な実験研究をていねいに,わかりやすく説明する。また,そのテーマの今後の展開や学際的アプローチも紹介。

記憶研究の最前線の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 決して読みやすいものではない。
    むしろ,実験系の研究とかに慣れていない人とかにはとっつきにくい。
    なので,読み飛ばしまくりました。が,自伝的記憶のあたりの話はとっても面白かった。多分,自分の興味とか研究領域と被っていないと読む気にならない質なのだと思う。

  • 記憶の心理学はかなりそそります。内容は実験ばっかでつまらないが。

全2件中 1 - 2件を表示

太田信夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャコモ ・リゾ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする