コネクショニストモデルと心理学―脳のシミュレーションによる心の理解

  • 北大路書房 (2001年7月発売)
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 11人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784762822193

作品紹介

脳と心の研究において極めて重要な位置を占めているコネクショニストモデル(PDPモデル,ニューラルネットワークモデル)について種々の視点から概観するとともに心理学の各分野においてオリジナルの研究例の紹介する。さらに数理的な解説もし,実験とデータの分析に偏りがちであった従来の心理学研究に活路を見いだす。

コネクショニストモデルと心理学―脳のシミュレーションによる心の理解の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • モデルとシミュレーションで心理学をとらえる分野の入門書。
    あまり知らなかったが、一部で注目をされている。
    しかし、難しい。心理学は奥が深い・・・

  • あとがきは下記に掲載しています。
    http://kyoumu.educ.kyoto-u.ac.jp/cogpsy/personal/Kusumi/connection.htm

  • 某先輩にお借りしてる「院生になるまでに読みたい本10選(?)」の
    うちの一冊です。まだ残ってます・・というか10超えてる・・?

    「複雑系入門」からのつながりでこの本なのですが、
    今までふぅんとしか思っていなかったコネクショニストモデルが
    なんだかすごいことになっている!という感じになりました。

    最後の数理的基礎の章は難しかったです・・
    でも実際やるならこれくらいできないとですね。
    個人的に面白いな、と思ったのは学習則と上述の数理的基礎以外の
    全章だったりします。ほとんど言語に関係してましたし、
    集団意志決定の章はむしろCMCについてが面白かったです。
    感性工学も卒論に少し関わってくるような(SD法とか)テーマが
    出てましたし。ちょっとシュミレーションやってみようかな。
    (言うだけ)

全3件中 1 - 3件を表示

守一雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

コネクショニストモデルと心理学―脳のシミュレーションによる心の理解はこんな本です

コネクショニストモデルと心理学―脳のシミュレーションによる心の理解を本棚に登録しているひと

ツイートする