文章理解の心理学―認知、発達、教育の広がりの中で

制作 : 大村 彰道  秋田 喜代美  久野 雅樹 
  • 北大路書房
3.46
  • (1)
  • (4)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :36
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (273ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784762822285

作品紹介・あらすじ

70年代から現在までの、「文章理解」に関する認知心理学、教育心理学の成果を概観し、「文章を読む」ことにかかわる心理学的内容を、体系的にまとめた初めての書。文章を読むことはあらゆる活動の基礎となり、教育的、応用的なトピックまで論じることにより、実際的な応用まで展望する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 幅広い分野で、よくまとまっている。文章理解研究はこれ1冊でOKなんじゃないかと思うくらい。欲を言えば、「どう育てるか」のところ、特に、児童ではなく高校生以上の読解力をどう伸ばすか、というところに焦点を当てた論考を読みたかったな、と思う。

  • 文章理解研究の基礎文献。各論ともに掘り下げ方は浅いので、参考文献をさらにあたる必要があるが、それぞれの入り口としてはよくまとまっている。

    ・目次をしっかり読み、全体構成をある程度把握してから本文を読むと理解が促進されることが今までの文章理解研究で分かっている。
    ・接続語をたくさん挿入することは、推理能力の低い学生に対しては文章全体の意味をつかむ助けとなり、文章内容の記憶を促進する。
    ・虚偽の記憶:捜査などの尋問への応用。
    ・嘘をつくことの善悪は日本では相手の気持ちの問題であるのに対して、アメリカでは社会的ルールを違反しているかどうかの問題。
    ・知的好奇心=既有知識と関連、情動的興味=生理的覚醒の強さに関連
    ・『大きな木』の文化による相違(P86)
    ・中2生徒の読解力の差は5学年
    ・女性は一貫して男性より読むことに対して肯定的態度を持つ(P154)
    ・文法中心の教授法は知的能力の高い生徒、コミュニケーション中心の教授法はあまり高くない生徒によい。
    ・criticalというのは、じっくりと慎重に検討する、というのが本来の意味。
    ・批判的読解のためのチェックリスト(井上 1998)P248

全5件中 1 - 5件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
レフ・セミョノヴ...
リチャード・ドー...
ヴィクトール・E...
J・モーティマー...
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

文章理解の心理学―認知、発達、教育の広がりの中でに関連するまとめ

文章理解の心理学―認知、発達、教育の広がりの中ではこんな本です

ツイートする