心理学者、裁判と出会う―供述心理学のフィールド

  • 17人登録
  • 3.40評価
    • (1)
    • (2)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
  • 北大路書房 (2002年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (179ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784762822469

作品紹介

絶対的な根拠が存在しない法廷というフィールドで,心理学者は何を問い,どう答えてきたか。甲山事件をはじめとする4つの事件での証言や供述を題材に,克服されるべき心理学概念(記憶,知能,人格特性,コミュニケーション等)を「想起,個別性,供述生成スキーマ,責任」といった概念に再構成し心理学の新研究枠を提示。

心理学者、裁判と出会う―供述心理学のフィールドの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 教科書

  • 2011/03/20 TBSラジオ「ミミガク」のゲスト高木光太郎氏(青学大教授)の話が興味深かった

  • 心理分析はするよりもされろ。

全3件中 1 - 3件を表示

大橋靖史の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

心理学者、裁判と出会う―供述心理学のフィールドはこんな本です

ツイートする