誰も教えてくれなかった因子分析: 数式が絶対に出てこない因子分析入門

  • 北大路書房 (2002年5月1日発売)
3.81
  • (12)
  • (10)
  • (20)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :102
  • レビュー :12
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784762822513

作品紹介

心理学の研究でもよく使われている因子分析に関する初心者向けの入門書。ただし,数式を用いての説明は一切せずに因子分析の結果の見方や統計パッケージを利用した因子分析のやり方を説明する。これまでの類書で満たされなかった不完全な知識の補填を図り,「わかった!」という感覚を読者にもっていただくことを目指す。

誰も教えてくれなかった因子分析: 数式が絶対に出てこない因子分析入門の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • すごく分かりやすい。活字が小さくて読みにくいのと、表紙のダサさが欠点。

  • アンケート調査などで因子分析をするなら、この本が参考になる。

  • 因子分析のことを理解するにはちょうどいい本。

  • 因子分析を愛しみ、手とり足とり解説してくれている良書。

    初心者がつまづきそうな点、疑問に思いそうな点にまで
    言及しているので、ハテナでいっぱいになる前に読み終えることができる。

    分析の参考例としては、心理学、教育学、社会学の事例が用いられている。

  • 因子分析を勉強するために最も参考にした本。
    初学者にも非常にわかりやすく解説してくれており、タイトル通り数式は出てこない。因子分析とは何か、をまず理解するには最適と考えられる。

  • 因子分析の知識は研究上必要なのに,どうしてもマスターできないことに劣等感を持っていた私にとって,救世主のような本です。数式ではなく文章で,かつ面白く解りやすく書かれており,頷きながら,笑いながら理解できるところが魅力です。今でも因子分析をマスターしたとは言い難いレベルですが,行き詰まった時にはこの本を開いて「自分にもできるんだ!」と言い聞かせています。

  • 非常に分かりやすい因子分析の入門書。タイトルにある通り一切数式を一切使わずに、寄与率、因子軸の回転など基礎的知識を教えてくれる。(5/6読了)

  • 因子分析を道具として用いる分には,この本で十分

  • 因子分析は非常にトリッキーな分析法です。自由度が高いゆえ、基礎的な知識がないと理論的解釈が困難になります。
    この本は、実際に因子分析をして、より深く学びたい人にお勧めです!
    初学者には向いていないことが、唯一の欠点です。

  • 因子分析の解析にかかるアウトプットの見方や
    なぜそれが因子分析でなけれなならないか?
    といったことがよくわかります。
    欲をいえば、もっとセンスのある表紙にしてほしかったです。

全12件中 1 - 10件を表示

松尾太加志の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

誰も教えてくれなかった因子分析: 数式が絶対に出てこない因子分析入門はこんな本です

誰も教えてくれなかった因子分析: 数式が絶対に出てこない因子分析入門を本棚に登録しているひと

ツイートする