読む心・書く心: 文章の心理学入門 (心理学ジュニアライブラリ02)

著者 :
  • 北大路書房
3.47
  • (6)
  • (8)
  • (13)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 101
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (132ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784762822797

作品紹介・あらすじ

題名をみて「国語の参考書か入試攻略本かな」と思う人がいるかもしれない。本書は,文章を読んだり書いたりする時に,頭の中で何がおこっているのか,読む・書く時の心のしくみについて知ってもらうための本である。この本を読むことで読む時書く時に,自分の心を見つめるまなざしが変わってくるはずだ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 認知心理学に基づいた読み方・書き方ストラテジーの解説。中高生向けに書かれており非常に読みやすい。

  •  名著の名高い本書であるが、本当に名著だった! 素晴らしい!
     読書心理学、また文章執筆心理学の基本が実に分かりやすく書かれている。また、批判的思考の方法、方略の分析法、論文を書く際の効果的な方法等々、今日の私に必要なことがこれでもか、と書かれていた。もう、ありがたいことこの上ない。
     この本から研究に対するヒントも得られた。また、研究の方法に関する情報も得られた。もう、どれだけ感謝してもしきれないくらい、役だった本である。

  • 認知心理学をもとにした読解、作文のハウツー本。と言ったら、叱られるだろうか。

    しかし、個人的な成功体験をもとに指導されるよりも、認知科学的なエビデンスをもとにハウツー指導する本書の存在はある意味、貴重だ。参考文献、引用文献もしっかり挙げられており、研究書としての位置付けも出来る。

    ・読解能力の高い人ほど、新しい単語に出会うと推測によって意味をとらえて新しい語を学習し、語彙を増やしていくことができる。

    ・P83批判的読みチェックリスト(語の用法は明確であるか、証拠となる資料・事例は十分に整っているか、論の進め方は正しいか)は、書くときの参考にもなる。

    ・P95書く過程の解剖図 中でも、プランニング、翻訳、推敲の往還。

    ・書き出しで悩まない。

    ・ワープロを用いた作文についての心理学研究を見ると、ワープロを使用すると、あらたなプランニングをすることが少なく、読み返すだけのことが多くなるという指摘もある。

    ・3つの変える。1.読み方・書き方のやり方を変える。2.読む・書く文章のジャンルや内容を変える。3.違う目的や場所で読むように変えてみる。

  • 教職課題の参考図書として読んだ。
    読みやすいし具体的が新鮮。
    教える側としても、学ぶ側としてもとても為になりそう。

  • 読む時と書く時の、人に心理を表している。
    人は読む時は既有知識を使って、推測しながら読んでいる。
    読むということは能動的であると説いている。
    他、文章構造による推測、ルールによる推測、接続詞から推測するなどを紹介してくれている。
    第2章では批判的読書の説明。
    第3章では、書く過程での心理を教えてくれます。分は中1、中2、まとめ、はじめにという順で書くと書きやすいとおしえてくれる。
    あとは推敲、診断。自分できづいて直していくことが大事だ。
    良書である。

  • <目次>
    序章 読者のみなさんに伝えたいこと
     (「読むこと」「書くこと」のしくみを理解し読み書きの楽しさを知ろう)
    1章 読むことはつなぐこと(文から文章へとつなぐ
     文を読むためのルール
     文をつなぐ推論をしよう
     埋め込まれた手がかりに注意しよう
     文章構造の知識を使う
     読むことのコツ)
    2章 理解を確かめる(自分の理解を評価する
     批判的読みをマスターする)
    3章 書くことは気づくこと(作文の過程とは
     プラニングのコツ
     推敲は診断)
    終章 「読み方上手」「書き方上手」になろう

  •  文章理解や執筆という活動を心理学の立場を用いながら書いたもの。とはいえ、あんまり心理学心理学していないので、そんなに深く考えなくてもいい感じ。そのぶん、「心理学」という点に惹かれた場合には、若干ガッカリする可能性もあったりなかったり。

     秋田さんは繰り返し、本書の内容と「受験国語」との差を意識されるようなことを述べていますが、十分「受験国語」に対応した内容だと思うんだけどなあ。もちろん、受験参考書ではないので、これを読んだからといって、国語の偏差値が上がるわけでもないだろうけど。
     たとえば、「受験国語」の指導者が本書を読んで、その指導に取り入れていくっていうのは、むしろアリなんじゃないかと。

     薄い本だけど、いろいろ書いてます。お子様ランチも食べてみると意外においしくてお腹も一杯!とかそういう本。


    【目次】
    序章 読者のみなさんに伝えたいこと
    1章 読むことはつなぐこと
    2章 理解を確かめる
    3章 書くことは気づくこと
    終章 「読み方上手」「書き方上手」になろう

  • 文章心理学の入門として大学生にも向く。

  • 本を読むことを勉強するなら、読んで欲しい本です。
    大学の現役の先生が高校生向きにかかれた本なので、オススメです。

全17件中 1 - 10件を表示

プロフィール

東京大学大学院教育学研究科教授。同附属発達保育実践政策学センターセンター長。博士(教育学)。専門は保育学、教育心理学、授業研究。長年園内研修にかかわり、保育の質の向上や保育者の専門性・実践知に関する研究を行っている。OECD ECECネットワークビューローメンバー(2012年.現在)。近著に『子どもたちからの贈り物――レジョエミリアの哲学に基づく実践』(共編著、萌文書林、2018年)、『保育の心意気』(ひかりのくに、2017年)、『育み支え合う 保育リーダーシップ』(翻訳、明石書店、2017年)、『あらゆる学問は保育につながる』(分担執筆、東京大学出版会、2016年)、『保育学講座 第1巻 保育学とは』(分担執筆、東京大学出版会、2016年)、『.保育プロセスの質.評価スケール』(明石書店、2016年)。

「2018年 『「体を動かす遊びのための環境の質」評価スケール』 で使われていた紹介文から引用しています。」

秋田喜代美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トニー・ブザン
デール カーネギ...
村上 春樹
J・モーティマー...
ジャレド・ダイア...
ロンダ・バーン
ジェームズ アレ...
有効な右矢印 無効な右矢印

読む心・書く心: 文章の心理学入門 (心理学ジュニアライブラリ02)に関連するまとめ

ツイートする