心の輪郭―比較認知科学から見た知性の進化

  • 16人登録
  • 3.75評価
    • (1)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 川合伸幸
  • 北大路書房 (2006年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784762825088

作品紹介

私たちの心は,どこまでがヒトに独自なもので,どこからがほかの動物と同じなのだろうか……。心理学の領域にとどまらず神経科学,生物学,工学などの知見を駆使し,多面的にヒトの「心の輪郭」を浮かび上がらせる。はるか以前に分岐した生物種間の行動を比較し,ヒトという存在の独自性に迫る比較認知科学からの挑戦。

心の輪郭―比較認知科学から見た知性の進化の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • タイトルに偽りなし,です.
    あくまでも輪郭であって,メカニズムについての記述はありません.

  • そもそも脳とは何かという認識が変わった。一見複雑に見える行動も、単純なモジュールの組み合わせで実現できるのは興味深い。
    自分が知らぬ間に持っている動物的傾向に気をつけていきたい。

  • 「知的」行動はモジュール化し階層的に積み重なって多領域に関係することで進化することを、様々な昆虫/動物生態実験を通して、動物もヒトも変わらぬ認知過程を浮かび上がらせた入門書。結果よりも、どのように認知を計るのか実験を含めた思考過程プロセスそのものが面白く興味深い。

全3件中 1 - 3件を表示

川合伸幸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

心の輪郭―比較認知科学から見た知性の進化はこんな本です

ツイートする