社会調査士のための多変量解析法

著者 :
  • 北大路書房
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :11
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784762825569

作品紹介・あらすじ

社会調査士をめざす文系の学生のための入門書。「ユーザーにとって何が大事か」という視点から,20種類以上はある多変量解析法を回帰分析系と因子分析系に区分,あとはその応用として,多変量解析法の全体像がつかめることに重点を置いた。社会調査士科目の講義計画に沿った内容構成,練習問題集と推薦図書リスト付き。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 回帰分析と因子分析を中心に多変量解析を概説した本。ここでの例示や書き方は、これらの技法に関してそれなりに習熟している人が、他の人に教えるときのヒントになるかもしれない。しかし、初学者が読むと、一部の記述はイメージをつかみ損ねたり、誤解したりするかもしれない。また、大雑把なまとめに過ぎるところがあり、それぞれの技法の専門家が見たら怒るであろう部分も少なくない。各技法の数学的基盤に依拠しすぎたか?

全1件中 1 - 1件を表示

小杉考司の作品

社会調査士のための多変量解析法を本棚に登録しているひと

ツイートする