インターネットの光と影〈Ver.4〉―被害者・加害者にならないための情報倫理入門

制作 : 情報教育学研究会情報倫理教育研究グループ 
  • 北大路書房
5.00
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784762827020

作品紹介・あらすじ

ケータイを含むインターネットの普及率が90%を超え,その活用法のみならず,情報モラル教育の必要性が叫ばれて久しい。本書は,情報社会の中で安心・安全に行動できるように,個人情報問題・知的所有権侵害・電子悪徳商法・有害情報・ネット犯罪といった「影の部分」に焦点をあて,最新の情報にバージョンアップ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 11月21日はインターネット記念日
    「利便性」と「危険性」を理解する

    理数理学生 007.3||シヨウ||||情報 20128527

  • 個人情報には経済的価値がある。
    ネットいじめから、不正アクセスなどネットでの問題について一般的なことが書かれている。
    まあ、それにしても文明の進化は必ず影、闇の部分を生む。

全2件中 1 - 2件を表示

インターネットの光と影〈Ver.4〉―被害者・加害者にならないための情報倫理入門のその他の作品

インターネットの光と影〈Ver.4〉―被害者・加害者にならないための情報倫理入門を本棚に登録しているひと

ツイートする