授業デザインの最前線〈2〉理論と実践を創造する知のプロセス

著者 : 高垣マユミ
  • 北大路書房 (2010年4月1日発売)
4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 23人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784762827082

作品紹介

学校現場の「授業」に焦点化し,研究の場で注目されている心理学的概念を切口にして,おもに中等教育の授業にかかわる諸相を広く深く掘り下げていく。学習者の「環境」「動機づけ」「認知的文脈」「社会的文脈」などに着目し,研究で得られた理論や知見を実際の授業場面にいかに活かすことができるかを体系的に解説。

授業デザインの最前線〈2〉理論と実践を創造する知のプロセスの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 請求記号】375.1||335||[2]

    教育図書館OPACリンク:
    http://nieropac.nier.go.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB00508565&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  •  まだ1、2章を読んだだけですが、理論と実践をつなぐという事に関しては包括的にかつ具体的な研究成果が載っていて面白いです。

全2件中 1 - 2件を表示

高垣マユミの作品

授業デザインの最前線〈2〉理論と実践を創造する知のプロセスはこんな本です

ツイートする