授業設計マニュアル―教師のためのインストラクショナルデザイン

  • 北大路書房
4.11
  • (4)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 69
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784762827501

作品紹介・あらすじ

目標設定,教材分析,指導案作成から評価までの過程を「授業パッケージ」とし,効果的・効率的で魅力ある学習環境をデザインする

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 頭の中の整理出来てないモヤモヤ〜っとした自分の考えを、まとめてくれた一冊。「こうすれば授業が形になる」ではなく、「こうすれば学習者の学びをより確かにできる」ことに納得。授業設計のバイブルだと思った。授業作りの入門書として、よい!

  • 教師のためのインストラクショナルデザインの書。

  • 教材設計マニュアルの続編?
    教育方法に関する授業での教科書としてイメージされている?文科省からの要求に応ており広範な基本を押さえた内容。これを学生がいかに活用して授業力を上げられるかが問題かな。

  • 【概要】

    1)本書の位置づけ
    ・教職課程のテキストとして編集された。→必修科目「教育の方法と技術(情報機器及び教材の活用含む)」
    ・「ID(イストラクショナルデザイン)」の考え方に基づく、よりよい授業を設計する方法論を紹介する本。
    ・「よりよい授業」とは、「効果・効率・魅力」。→授業の目標にクラスのみんなが到達し(=効果)、なるべく短時間でそれを成し遂げ(=効率)、もっと学びたいという気持ちで終わる(=魅力)、そんな授業。


    2)本書の構成(目次立て)
    ・「ADDIEモデル」に基づくシステム論アプローチに基づく構成   ※○印の表記は、ススメ人による

    ○イントロダクション
     第1章 よりよい授業をめざして
     第2章 インストラクショナルデザインとは何か

    ○ねらいの明確化 (「分析」Analysis)
     第3章 学習目標を明確にする―授業構想の検討
     第4章 学力とは何だろうか―多様な学力の見方・考え方

    ○教材づくり (「設計」Design)
     第5章 何を教えるのか?―教材研究の方法

    ○指導案づくり (「開発」Development)
     第6章 どう教えるのか?―学習指導案の書き方

    ○評価の計画
     第7章 学習指導と評価(1)―目標・指導・評価の一体化
     第8章 学習指導と評価(2)―目標に応じた評価方法の実際

    ○魅力ある授業の実践 (「実施」Implementation)
     第9章 魅力ある授業をつくる(1)―教師の振る舞いの基礎基本
     第10章 魅力ある授業をつくる(2)―学習意欲を高める方法
     第11章 魅力ある授業をつくる(3)―学習者の協同と活動
     第12章 魅力ある授業をつくる(4)―情報社会に適応する

    ○ふりかえり (「評価」Evaluation)
     第13章 授業を分析してみよう
     第14章 研究授業・模擬授業から学び合うために

    ○教師の成長に向けて
     第15章 これからの教師に求められる授業力とは

    【TFJの活動に活用できる場面】

    ・本書で説明されている事項は、授業設計を行う際に踏まえておくべき基本的事項である。TFJでも行われている、レッスンプラン作成にあたっての基礎知識となるのではないか。

    ・以下は、特に、ススメ人的に興味を覚えた方法論である。

    ■第3章 学習目標を明確にする―授業構想の検討
    ・学習目標の明確化3要素~「目標行動」「評価条件」「合格基準」(p.28~)
    ・キャロルの「学校学習モデル」~学習成果に個人差があるのはなぜか(p.35~) 「学習率」とは

    ■第4章 学力とは何だろうか―多様な学力の見方・考え方
    ・ガニェの「学習成果5分類」~学力をどう定義するか(p.47~)
    「言語情報」「運動技能」「知的技能」「認知的方略」「態度」

    ■第5章 何を教えるのか?―教材研究の方法
    ・課題分析の方法
    言語情報→クラスター分析(p.53)、運動技能→手順分析(p.54)、知的技能・認知的方略→階層分析(p.55)

    ■第6章 どう教えるのか?―学習指導案の書き方
    ・ガニェの「9教授事象」~学びのプロセスを助ける作戦を9ステップに整理(p.66~)
      導入 1)学習者の注意を喚起する 2)学習目標を知らせる 3)前提条件を確認する
      展開 4)新しい事項を提示する 5)学習の指針を与える 6)練習の機会を設ける
    7)フィードバックをする
      まとめ 8)学習の成果を評価する 9)学習成果の保持と転移を促す
    ・ガニェの「学習成果5分類」に応じた指導法~授業展開(=チャンク、上記1~7)の方法(p.69)

    ■第8章 学習指導と評価(2)―目標に応じた評価方法の実際
    ・ガニェの「学習成果5分類」に応じた評価方法の選択(p.94)

    ■第10章 魅力ある授業をつくる(2)―学習意欲を高める方法
    ・ケラーのARCS動機付けモデル~以下の4つ(さらに詳細には、12)ステップ毎の作戦(p.113~)
    注意(Attention)→関連性(Relevance)→自信(Confidence)→満足感(Satisfaction)

    ■第12章 魅力ある授業をつくる(4)―情報社会に適応する
    ・ブランソンの情報技術型学校モデル~生徒主導(ICT活用)。機械に出来ないことをする教師(p.141)

    ■第15章 これからの教師に求められる授業力とは
    ・教師に求められる知識・能力~INSTACの「教師の力量10基準」(p.169~)
    ・学ぶ教師・成長し続ける教師(p.172~)


    【関連図書】
    ・鈴木 克明 著 『教材設計マニュアル―独学を支援するために』北大路書房、2002年
    ・ロバート・M. ガニェ ほか 著、鈴木克明 監訳  『インストラクショナルデザインの原理』北大路書房、2007年
    ・ジョン・M. ケラー 著、鈴木 克明 訳 『学習意欲をデザインする―ARCSモデルによるインストラクショナルデザイン』北大路書房、2010年

  • 総合的な学習の時間への熱い思いを書きました。15章担当です。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

2017年4月現在 東北学院大学教養学部

「2017年 『情報教育・情報モラル教育』 で使われていた紹介文から引用しています。」

稲垣忠の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
ジョナサン・バー...
有効な右矢印 無効な右矢印

授業設計マニュアル―教師のためのインストラクショナルデザインを本棚に登録しているひと

ツイートする